“いただきますdeつながる”がイベント出品しましたvol.1

くるっくイベント1

いただきますdeつながるー自然と食・食と人・人と人とがつながる

人と人との交流イベントに、一品料理と飲み物をご提供しました。
アトリアがこれまでに知り合ってきた土地・人の中で今回は、長野県栄村の農家さんから届いた野菜と和歌山県シラス屋さんのシラス・酒蔵メーカーさんの梅酒をご提供しました。
とてもよいものなので皆さんにも後記がてらちょっとご紹介します。

長野[栄村] ー 根曲竹・アスパラガス

さかえむら3.11の大震災の翌日 震度6の地震に襲われ、甚大な被害を受けた栄村ですが復興を果たしました。お米、アスパラ、トマト、根曲竹の子、山菜各種が豊かに収穫できる素晴らしい村です。
今年春、壮大な自然の恵に触れ“山菜”を収穫しにいきましたが栄村ー心と身体へのご褒美[山菜編]、今回はそんな栄村から届いた、旬の食材[アスパラガスと根曲竹]を季節のお野菜として提供しました。
長野県産グリーンアスパラガスは鮮やかな緑色が特徴。 その生産量は全国2位を誇り、最盛期の春はもちろんハウス栽培によって1月から9月まで出荷されています。5月から6月にかけて根曲竹(長野県側の呼称)と呼ばれるチシマザサの新芽が採れます。サバ(鯖)の水煮の缶詰と一緒に味噌汁にして食べる習慣があります。
アスパラガスは煮浸し、根曲竹は鯖缶煮、として提供しました。

和歌山 ー 山利さんの釜あげしらす

しらす和歌山加太沖では、古くから良質のしらすがたくさん穫れます。
早朝から港に出向き厳しく目利きするのは、初代・木村利エ門から七代目の現当主。
水揚げした ばかりのしらすは、透き通るほど美しく輝き、隣接した山利の加工場では鮮度を落とさないよう手早く冷水で洗い、天然塩を使った絶妙の釜あげと、素材を活かす昔ながらの手作業は、保存料などいっさい使っていません。
ふわふわで自然な塩味がいくらでも食べられます。
今回は白ごまをふりかけ、しらす丼として提供しました。
山利HP

和歌山 ー 中野酒蔵さんの梅酒

梅酒nakano
和歌山県は梅の名産地。そんな土地の恵をうけ作られた梅酒は格別です。
南高梅のなかでも「紅南高梅」と呼ばれる非常に希少価値の高い梅実のみをを使用した梅の味を存分に味わえる梅酒や
創作梅酒の完熟みかん梅酒やレモンとジンジャーの梅酒等、様々な梅酒を参加者の方に味わってもらいました。
今年の割烹倶楽部の梅会でも、中野酒蔵さんが使用している「中野酒造さんご推薦月向農園さん」の梅を使用させて頂きました。本当に立派でいい梅が付けれました!
中野酒蔵HP

よい食材を知ってもらうということに限らず、その土地の事を・・・作っている人の事をもっと知って頂けるように、今後も私たちが微力ながらも架け橋の役割を担っていけたらと思います。
これからも、様々な土地に行き、たくさんの人たちと知り合い、皆さんにご紹介していきます。