第三回 「身体を整えようー3・・・ダイナミックに身体を伸ばそう」

プリント

『ワタシかいたいしんしょ』ジャイロからのアプローチ

今回の「ワタシかいたいしんしょ」は身体を整えるということをテーマにお伝えします。
『ワタシかいたいしんしょ』とは、皆さんが自分自身をクリエイトしていく[ワタシクリエイトしていく]ためにとても重要な心と身体を健康に保つ為のメンテナンスイロイロご紹介していき、自分に合った「自分の現在地を知る」方法を見つけてもらうためのコンテンツです。
3回に渡って、身体を整えるということをジャイロキネシスのアプローチから考え、自宅やオフィスの椅子に座ったまま出来る簡単なエクササイズをトレーナー坂本博美からご提案していきます今回は第3回目!
椅子の上で行う運動は柔軟性に関わらず、床の上で行うエクササイズより負担がなく、効率的に行うことができますので、皆さんも気軽に行ってみてください。

身体を整えようー3・・・ダイナミックに身体を伸ばそう

一箇所だけを動かす、部分的にトレーニングをするのも、とても大切なことですが、そこだけを強化しても、全体の動きのなかで繋がらなければ、意味がないと思いませんか?
日常生活では、結局身体の全体を使って動いています。
歩く事も、高い所の物を取るのも、しゃがんで物を拾うのも、全身で行う動作ですよね?
どこか動いていない身体の部分の代償は他の場所で補っているのです。だから、痛くなったりして、身体がサインを送るのです。
全身で行うエクササイズをして、動きを全身に繋げて行きましょう。
今回は、少し、難しいです。自分の身体の現在地を知るためにも、ぜひチャレンジして見てください。

エクササイズ紹介

プリント

まず、エクササイズのための準備からして行きましょう。
1.
椅子に浅く腰掛けます。
片足を前に伸ばし、踵を遠くに押し出すようにして息を吐きながらゆっくり膝裏を伸ばして行きます。
股関節をしっかり折り曲げて、上体を長く引っ張った状態で倒して行きます。
猫背にならない様に気をつけましょう。

前屈や開脚ができない方も効率的に膝裏を伸ばし、股関節を動かす運動になります。ハムストリングが硬い方は膝を伸ばすだけで痛いかもしれません。
息を吐きながら、無理のない範囲で行って下さい。

プリント
2、
1を行い、伸びてきたら、さらに身体を倒して行きます。この時も、息を吐きながら、ストレッチです。
引っ張り続けるイメージ、伸び続けるイメージを持って行ってください。

プリント
3、
椅子に浅く座り、膝を伸ばした左足を右手で持ちます。背骨の動きを最大限に活かせるよう、骨盤を立てます。
左手を斜め後ろ遠くを触りに行くようなイメージで上半身をねじって行きます。背骨をねじるイメージは、螺旋階段の様に、背骨の骨の一つづつを長く高く
積み上げて行くイメージです。

この動きは、ハムストリング、ヒラメ筋を伸ばし、骨盤を立てるための股関節の屈曲の動きを取り戻し、さらには背骨の動きを出すことにより、胸の中心の胸骨まで開き伸ばせる動きになりますので、一石何鳥にもなります。
猫背の場合、骨盤が倒れ胸の中心が内側に入り閉じてしまうので、骨盤が立ち胸が開くことにより、立ち姿も美しく変わって行きます。

ぜひお試しください。

3回に渡りお送りしましたエクササイズは、椅子の上で出来るものなので、日常生活に少しでも取り入れていただけたら嬉しいです。

アトリアコーディネーター坂本博美