“いただきますdeつながる”がイベント出品しましたvol.2

2013.10.15hed

いただきますdeつながるー自然と食・食と人・人と人とがつながる

2013年10月15日。あいにくの悪天候の中、某交流イベントにお料理をご提供しました。
アトリアがこれまでに知り合ってきた土地・人の中で今回は、宮城県石巻市から届いたワイルドな食材です。

2013.10.15

石巻復興プレートA
・鹿肉のソーセージ・彩りピクルス・塩むすび梅ゴマ添え・クジラ大和煮・ザワークラウト
石巻復興プレートB
・バゲッドON鹿肉の生ハム・バケッドON味噌クリーム・鹿肉のソーセージ・彩りピクルス・ザワークラウト
バゲット四種のディップ&ザワークラウト
・味噌クリームディップ・梅クリームディップ・クルミハニーディップ・ポークレバーパテ
ヘルシータコスチップ&たっぷりトマトとお豆のディップ

皆さん、鹿やクジラを初めて食べるという方も沢山おり、興味を持って頂きました!

くじらの大和煮

KUJIRA昔から宮城県石巻地域は捕鯨地域でした。
東日本大震災が起きたときに、大きな打撃を受けた「木の屋石巻水産」さんは震災後“復興缶詰”として販売して支援したりしたことで、話題になった企業さんです。
鯨は今、健康食品としても注目をあびていますので是非一度味わってみて下さい。
木の屋石巻水産HP

鹿肉生ハム・ソーセージ

sika山に被害をもたらし捕獲された鹿は年間1000頭くらいもとれ、そのまま捨ててしまう部分もいっぱい。
それで、できれば肉を全部回収して、缶詰にして救援物資にしたいと考え、鹿肉加工業をはじめた三浦信昭さん。
被災地・石巻で、シカ肉を加工販売しています。
ワイルドながらも旨味が強く癖になる味です。

アトリア特製手作り梅干し&味噌

MISOUME
Atlyaでは毎年、梅干し・梅酒や味噌をつくるワークショップを開催しています。
地域のいい材料を取り寄せて、今の時代に合わせた作り方などを気軽に体験して頂ける場所作りを目指しています。
2013年度梅会
2013年度味噌会

よい食材を知ってもらうということに限らず、その土地の事を・・・作っている人の事をもっと知って頂けるように、今後も私たちが微力ながらも架け橋の役割を担っていけたらと思います。
これからも、様々な土地に行き、たくさんの人たちと知り合い、皆さんにご紹介していきます。