2013年度 味噌会レポート☆

味噌会表紙

第2回 手作り味噌づくり&きき味噌の会。無事終了しました!

難しいイメージを払拭して、今の時代に合わせた作り方などを気軽に体験して頂ける場作りを目的とした「割烹倶楽部」。11月2日、味噌作りのワークショップを開催しました。
今年は、皆さんと共有したくきき味噌の会と題して、味噌の味比べも同時開催。子供達も参加してくれてにぎやかな会になりました!

味噌づくり

2013miso2今の時代に合わせた作り方で気軽に体験して頂けるように、ジップロックを使用した、簡単味噌づくりのワークショップです。
真空の状態が保てるので、初心者の方でも失敗が少ないのが特徴です。
From Kichen主宰の福島利香さんに手ほどきをして頂き、味噌づくりスタート!
皆さん、まんべんなく塩と豆と麹がまざるよう、一生懸命もんでいました。豆をつぶすは去年同様、キッズ達に人気!お母さんと一緒に楽しめるのっていいですね。
今回の豆は[フクユタカ]。他の大豆と比べるとタンパク質が多く、蔗糖が少ないので、あっさりしていること。
提供して頂いた和農BARUさんの大豆は自然農法なので味はとっても濃いです。

2013miso3-2

きき味噌会

プリント
味噌って本当に様々です。熟成方法が違ったり、豆を蒸す・煮るの違いだったり、材料そのものが違っていたり、・・・で一つとして同じ味噌はないんです。“手前味噌”とはこういったことからなんですね。
今回のきき味噌は8種類。今年夏にアトリアスタッフが八丁味噌蔵見学へ訪れたカクキューさんのお味噌も!
取り寄せて頂いた美味しい野菜につけて、ディップで試食。。。。
一番人気はコシヒカリ玄米みそでした。
これが味噌汁だったり、田楽だったりしたらまた違う結果になると思います。
料理それぞれにあったお味噌がありますよね。風土・風習によって味や濃さが違うのも、味噌のおもしろさだと感じます。

2013miso7

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

無事終了〜

2013misosyugou
今回の味噌は2ヶ月程で食べれるものです。
出来上がりが楽しみです。
今回参加して頂いた皆さんと味噌メンバーコミュニティを作りましたので、今後も出来映え等を共有していきます。
[福島先生も今後のアドバイスもして頂けます]
今年の教訓を活かし、また更に来年はバージョンアップした味噌会にできればと考えておりますので
皆さん来年は是非参加してくださいね。人気ワークショップなのでお早めに!

割烹倶楽部では、日本の風土に寄り添った「食」と「職」を現代にあった方法で皆さんに伝えて、共有できればと考えています。
今後もアトリアでは[梅会]・[味噌会]の他にもワークショップをどんどん開催していこうと思います!
メンバーさんのやってみたい事など、ご意見もお待ちしています!メンバー登録