Daily Archives: 2013年11月12日

ワタシクリエイター紹介 フォトグラファー 瀬田靖子さん

ワタシクリエイター紹介,

seta01

フォトグラファー 瀬田靖子さん

瀬田靖子さんのプロフィール
■経歴
学生時代からブライダル専門の事務所で現場を学ぶ。1500組以上のカップルを撮影。
その間、取材撮影(主にリクルートさんのweb媒体)も数多く手掛ける。
2010年6月に出産してからは、マタニティー・ベビー・キッズの撮影。
産後はフリーランスの撮影に徐々に移行。

今のお仕事で仕事をされようと考えたのはいつ頃から?その決断にいたったエピソードあればきかせてください

学生時代から写真に興味を持ち始め、毎日カメラを持ち、ただただ楽しく撮り続けていました。
ある日、ブライダル写真に出会い、これだ!!と感じ、無謀にもブライダル専門で仕事をしている事務所でいろはの「い」から教えていただき始めたのが大学3年生の頃。
沢山の事を現場で学ばせていただきました。

多くのカップルを撮影させていただき、これまでに1500組以上を撮影してきました。
その間、取材撮影(主にリクルートさんのweb媒体)も数多く撮影させていただきました。
結婚・出産まではこの2つが撮影のメインでした。
2010年6月に出産してからは、マタニティー・ベビー・キッズのお写真の依頼を多くうけております。
また、shopや商品の取材撮影はそこに携わる方々の想い・伝統・愛情が沢山詰め込まれたものを撮影させていただいております。『ソトコト』さんでも何度か撮影に協力させていただいております。

出産前までは基本的に事務所からいただいた撮影でしたが、産後はフリーランスの撮影に徐々に移行しています。
seta002

今(近い将来)の一番の目標を教えてください

setasan
家族との時間と笑顔を守りつつ、喜んでいただける写真を撮り続ける為のセルフブランディングの確立です。
今は子育て中心ですが子供がいる事で見えてきた沢山の事を、写真に反映出来るよう模索しています。

今の一番のWORK&LIFEでの悩みきかせてください

3歳の息子・家族と一緒に季節ごとの行事や昔から大切に守り続けられている事、毎日の食事を中心とした生活を大切にすることが今の私にとっていい写真を撮るための条件だと感じています。
家族との時間と仕事に向かう時間のバランスを保つ事は沢山の方の協力と理解があってこそ・・・。
悩むというより、今はこの環境に感謝しています。

10年後の目標の自分像をきかせてください

seta003
13歳、思春期真っ只中の息子と、
一番の理解者である主人にとって
どこか誇れる『母・妻』であり
『カメラマン』でありたいなぁ・・・。

彼女のように家族が軸にあり、その上で、「ワタシクリエイト」していきたいという女性は多いのではないでしょうか?
「男性に負けないように」「女性だからこうすべき」なんていうお話ではなくなっている時代なんだと感じます。
「らしく」を見つけ出すことが「ワタシクリエイト」では重要であり、らしさをみつけるための作業が必要なのだと、そう思うのです。。。
後記 井尾さわこ