Monthly Archives: 3月 2014

苔玉とミニ盆栽 緑庵-midorian-

2014ワタシクリエイト, その他,
「緑庵」は苔玉とミニ盆栽のお店です。
苔や盆栽と聞くと、どこか難しい印象を持つ方が多いと思いますが、もっと日本の文化である盆栽を身近に感じ、気軽に楽しんで頂きたきたいと「緑庵」をたち上げました。
陶芸家「奥絢子」さんにより1点1点手作りされた、オリジナル苔玉用器や盆栽鉢と共にお楽しみ頂けたらと思っています。
ブース:Cエリア

【KIDS】シブヤ 森の自然遊び教室

ワークショップ,
自然遊び教室を3本立てで開催!【1:五感を開く自然ワークショップ】音、匂いを中心にワーク。参加者様同士で交流を楽しめます!【2:身近な自然で生活に使えるもの紹介】木の実や樹皮などで実験しつつ、石鹸として使える実などをご紹介。【3:身近な自然を感じる方法スライドショー】100円均一で集められる自然観察グッズや、渋谷でも見られる生き物をご紹介。■参加費:1,500円

日時:5月18日10:30~11:30

「アロマリーディング」でココロの声を聞きましょう

ワークショップ,
人によって香りの好みが違ったり、いつもは嫌いなのに今日はこの香りが好きってことありませんか?そこには「今の自分」をみつめるヒントが隠れています。「アロマリーディング」は精油の持つ効果効用と嗅覚反応を組み合わせて行うココロケアのアプローチ。ミニアロマリーディング体験で「今の自分」を把握して、「なりたい自分」に近づくサポートも香りにしてもらいましょう!■参加費:1,000円

日時:5月19日10:30~11:15

ゆるりと楽しむお抹茶レッスン

ワークショップ,
テーブルで気軽にできるお点前と、美味しい和菓子をいただきながらお抹茶の頂き方をゆるりとお楽しみいただけます。
至福の一服で、リラックスした時間をぜひご一緒に♪ ■参加費:3,000円

日時:5月18日16:00~17:00

TSUGUGOTO  耐熱ガラスの新しい試み

tsugugoto,

garasu1-1

日本の伝統工芸を新しい形で継承する「tsugugoto」

今回の「tsugugoto」は東京日本橋にあるHARIO株式会社さんに伺ってきました。1921年から、ガラス製品を扱うHARIOさんは時代とともに機械による製造を進化させていらっしゃいましたが、今再び原点に立ち返り、ガラス職人が丹念に作った作品をお届けしたい、また手加工の技術を次の世代に残したい、との思いで【HARIO Lampwork Factory】というブランドをたちあげられました。「耐熱ガラス」だからできる様々なカタチ。。。
そんな素敵な取り組みをレポしてきました!

garasu01まずは、日本橋にあるHARIO株式会社さんの本社へ・・・。もと銀行だったという建物は登録有形文化財で重厚感たっぷり。歴史があるHARIOさんにぴったりな建物。。。。

もともとビーカー等の理化学品の生産から始まり、サイフォンやキッチン用品を作っていらしたHARIOさん。昔は日本で2社あった耐熱ガラスを扱う会社も今では1社に・・・。
ガラスには普通ガラス・・・ソーダガラスと呼ばれるものと強化ガラスと耐熱ガラスとがありますが、耐熱ガラスは1600度の高温を必要とし、設備費がとてもかかるのでなかなか新規参入できないのが現実だそうです。
1社しかないからこそ、地域・社会貢献や技術を受け継いでいく人材育成になみなみならぬ努力をされているんですね。

見学をしながら麦茶ボトルを発見!
「昔は麦茶等を作るときビール瓶を使用していたそうなんです。そこで、HARIOが麦茶の瓶を耐熱ガラスで作ったんですよ」
「一家に1個はありましたね。私の実家も3個ぐらいあります!HARIOさんにお世話になってるかもしれませんね!」

ごく普通の生活の中、いたる所に耐熱ガラスが使われていて、取材をする事によって知るきっかけを頂きました。
日常でモノを使うときにこれはどうやってできたんだろうとあまり考えてませんでしたが、こうした歴史や、技術の話を聞くと、モノができるまでの背景が浮かび上がってきて、もっと大事に扱わなければと改めて考えさせられます。

写真上左:今回の見学を取り仕切って下さった営業の坂本絢奈さん

【HARIO Lampwork Factory】

lamp factory01続いて本社から少し歩いたところにある【HARIO Lampwork Factory】さんへ。
外から職人さんの作業風景が垣間みられる建物です。身近に見れることによって、作り手さんとの距離がぐっと縮まります。

garasysagyo
中から伺うとこんな感じ・・・。
真剣な面持ちで作業されてみえます。

ここで活動されているデザイナーさんや職人さんは合計10名で、そのうち8名が女性との事!
ここにもウーマンパワーを感じます!
「こういった細かい作業は女性の方が得意だったりするんです」
・・・と、局長の根本新さん。
「男性よりも実際身につける女性の方がよりお客様に繊細さや美しさを伝えられると思っているんです」
皆さん口々に女性だからこその、このプロジェクトに誇りを持ってみえました。
garasuakuse
↑常に身につけていらっしゃるみなさん。自分自身身につける事が一番の伝え方。

受け継がれる技術

garasu03ここでも受け継がれる技術の現場に遭遇しました。
若手育成のために週に一度、講師として訪れる熟練された職人さん・・・。
真剣な面持ちで見てらっしゃる若手の職人さん・・・。

伝統技術を受け継がれる皆さんの共通ともいえるこの風景・・・。

この瞬間に出くわす事ができた事に感謝!

集合
今回お話をお聞かせ頂いたメンバーの方達。
ありがとうございました★
今後ワークショップ等皆様にもっとガラスを知って頂くきっかけのプロジェクトを考案中だそうです!
是非、参加してみたい!!

【HARIO Lampwork Factory】の耐熱ガラスのアクセサリーは
アトリアストアにて販売開始しました。
あえて色をつけないこのシリーズはガラス本来の質感を感じて頂けるよう無彩色であるがゆえの造形美を表現された
素材感が味わいを産むアクセサリー達です。HARIO Lampwork Factoryご紹介動画はコチラ

日本で一社という事に誇を持ちながらも、一社であるからこそ同時に技術をたやすことなく受け継いでいかなければならないという強い責任感を皆さんが個々に持ちあわせ、プロジェクトを立ち上げられたことにとても感銘を受けました。
人と人の繋がり。。。そして伝統の技、心の継承。。。私たちアトリアも微力ながらも、みなさんに知って頂くきっかけに貢献できればと思っています。。。。

ワタシクリエイター紹介 Ye Olde Haunt 田嶋由美子さん

ワタシクリエイター紹介,

watasi-tajima01

Ye Olde Haunt 田嶋 由美子さん

田嶋 由美子さんのプロフィール
■経歴
靴のお直し工房を併設したセレクトショップ『Ye Olde Haunt』オーナー。
2013年より、オリジナルアクセサリーブランド『ROOOM』をスタート。

今のお仕事で仕事をされようと考えたのはいつ頃から?その決断にいたったエピソードあればきかせてください

古いもの、洋服、雑貨に興味があったことから、以前から好きなものを集めたショップを始めたいと思っていました。
そして、憧れだけで終わらせたくないという思いから、2012年に念願のショップを代々木上原にオープンしました。
お店では、使っていくうちに、どんどん愛着のあるものに変わっていく、そんな風に思っていただけるようなアイテムをセレクトしています。
同時に、オリジナルアクセサリーブランド「ROOOM」を立ち上げ、ショップ内のアトリエで制作もしています。
今は、私の作ったアクセサリーを気に入っていただいたお客様と、直接お話ができることも楽しみのひとつです。

watasi-tajima2

今(近い将来)の一番の目標を教えてください

watasi-uehara4
メモリアルジュエリーの制作に挑戦してみたいです。
自分だけの特別なジュエリー。
月日が経っても、その時の記憶とともに大切にしてもらえるようなジュエリー制作に携わりたいです。

写真は夫と私のマリッジリングです。
プラチナリングの内側に、溶かした18金をコーティングしました。

皆様に一番紹介したい作品を教えてください

watasi-uehara7
シンプルで繊細なデザインのリング。
一粒一粒丁寧に作られた、優しい色合いのガラスと天然石を使用したシリーズがあります。
重ね着けすることによって、指先のコーディネートもお楽しみいただけます。

今の一番のWORK&LIFEでの悩みきかせてください

一人でも多くの方に『Ye Olde Haunt』を知っていただけるようにすることです!

10年後の目標の自分像をきかせてください

watasi-uehara6
買付けや取引として、毎年海外へ行くことが当たり前になっているようにしたいと思います。

ILE DES HYMNUE / Ye Olde Haunt
motoyoyogicho22-8#102,shibuya,
tokyo,japan1510062
tel&fax ++81 03 64 07 80 12
http://www.yeoldehaunt.com

透明感のある中に凛とした印象を併せ持つ田嶋さん。実は私は知らずに田嶋さんのお店のお客さんでした。
今回のイベントの打ち合わせであの素敵なお店のオーナーだと発覚!
靴を丁寧に、お手入れしながら、履く…アトリアはその考え方に大共感!
田嶋さんの作るアクセサリーも長く丁寧に着けたい!そう感じさせてくれるモノばかり。
皆さんも、ぜひ一度、代々木上原のお店にお立ち寄りください。魅了されること間違いなし!
後記 井尾さわこ

ハンカチのWORK SHOP

ワークショップ,
DOT MELTの春夏のストール生地のhagireを使ったwork shopです。当日用意したhagireと刺繍糸で
おすきな様にコラージュしてちくちく手を動かす時間を楽しんでいただけたらうれしいです。
※画像はサンプルとなります。■参加費:2,300円

日時:18日13:30~15:00

第四回 ワタシかいたいしんしょ たった3つのシンプル習慣-1

ワタシかいたいしんしょ,

たったこれだけで? こんなに印象が変わる!!シンプル習慣!
新年度、自信を持って商談に向かう前にやっておきたい3つのこと

yabo

今回の「ワタシかいたいしんしょ」は自信を持って商談に向かう前にやっておきたい3つのことをテーマにお伝えします。
だんだん春めいてきた今日このごろ・・・もう少ししたら新年度に向けワードローブも明るくなって気持ちもウキウキしてきそうです!『ワタシかいたいしんしょ』とは、皆さんが自分自身をクリエイトしていく[ワタシクリエイトしていく]ためにとても重要な心と身体を健康に保つ為のメンテナンスを色々ご紹介していき、自分に合った「自分の現在地を知る」方法を見つけてもらうためのコンテンツです。
商談やプレゼン、準備は万全だけど、もうひとつ良い印象を、残したい。
伝えたいことをしっかり伝えたい!
人に伝えなければいけないとき、何を気を付けたらいいのか、中々漠然としていてわからない。。。
そんな時、人に会う前にやっておくとこんなに印象が変わる魔法のようなシンプルエクササイズを今回はご提案します。新年度に向けて商談にフォーカスをあて、3回に分けてお届けします。ぜひ、これを習慣にしてください。


シンプルエクササイズvol.1

胸を開きましょう!

h-01
人の気持ちはどこにありますか ?そう、心の場所。
それは、頭の中でしょうか? いえ、きっと、胸のあたりですよね。

「胸が痛む」「胸を撫で下ろす」 これは、心に関する慣用句です。

だから、胸を開いてほしいのです

身体のお話をすると、肋骨回りやみぞおちが固まっていると呼吸が浅くなります。
結果として声も細く、肩が前に出てきて胸が閉じ、猫背になりうつむき加減になってしまいます。
これではやる気とは裏腹に印象が弱くなってしまいますね。

では、胸を開く「胸」とはどこのことなのか、知識を入れて、意識が持てるようにしましょう。
横は肩から肩まで、縦は鎖骨の真ん中からみぞおちまでです。
結構上ですよね?

イメージが出来たら、15秒で出来る簡単エクササイズです。

エクササイズ紹介

h05
①鎖骨を長く保ちます。

②肋骨が横に広がるように脇の下に鼻から吸って呼吸を入れます。
口からため息をつくように、ほ〜〜っと吐き、肋骨を緩めます。

hh-04
③肋骨が縦に広がるように胸の真ん中と裏側(肩甲骨と肩甲骨の間)に鼻から吸って呼吸を入れます。
口からため息をつくように、ほ〜〜っと吐き、肋骨を緩めます。

④ ①〜③を同時に広げなから深呼吸してみましょう。

気持ち良いと感じる範囲で繰り返します。

h-02
始める前よりも呼吸がしやすくなりましたか?
声の質感の変化も感じられましたか?
横隔膜が動き出すので、固まった筋肉が緩み、
姿勢や声にも良い影響が出てきます。

h-06
そして、本番がはじまったら、
胸から自分のエネルギーが相手に伝わっているイメージでたち振る舞ってください。
いつでもどこでも出来る簡単エクササイズ。
これを習慣にしてみてくださいね。

今回は、自信を持って商談に向かう前にやっておきたい3つのことの第1回目です。
『胸を開くこと』をマスターして、次回をお楽しみにして下さいね!
アトリアコーディネーター坂本博美

今回体験して頂いたのはジャイロをはじめて3ヶ月目の中村桃子さんです!今回開催するアトリアイベントの実行委員でもあります。カラダの事を大切に、パワフルにかけまわるワーキングウーマンです。