〜新潟〜有限会社小田製陶所

大正期の富裕層を中心に重宝された蒸かまどは木炭を燃料とする幻の陶器製炊飯器です。特徴は現代の高級炊飯器に勝るとも劣らない絶品のご飯が炊ける点ですが、昭和20 年代にガス・電気釜が普及すると急速に姿を消しました。70 年前まで蒸しかまどを製造販売していた弊社では、多くの方々から最高に美味しい炊き方でご飯を食していただきたいと思い一般家庭でも手軽に調理可能な「ミニ蒸しかまど」を開発しました。
ブース:B伝統エリア