Monthly Archives: 4月 2014

香老舗 林龍昇堂(薫香)

2014ワタシクリエイト, その他,
1834年(天保5年)薫香の小売・卸売商として創業して以来、「御香の香りとともに心のやすらぎも皆様にお届けしたい」という信念のもと、原材料一つ一つにこだわって造った御香をご提供。
ブース:B伝統エリア

〜和歌山〜梅酒テイスティング☆中野BC

2014ワタシクリエイト, その他,
和歌山県に位置する中野BCは特産品である梅、特に「紀州南高梅」をふんだんに活用した梅酒造りにこだわっております。『紅南高(べになんこう)』は太陽が当たり表面が紅色に染まった希少価値の高い“紅南高梅”のみで仕込んだ梅酒で、モンドセレクションで3年連続金賞、天満天神梅酒大会の初代グランプリを受賞するなど国内外で高い評価を得ています。その他にも本格梅酒に果物の果汁や野菜のしぼりジュースを加えた“カクテル梅酒”などの商品もあり全国に展開中
ブース:B伝統エリア

〜三重〜木花堂 konohanado

2014ワタシクリエイト, その他,
熊野の自然・風土を、素材またはテーマとして産みだされた生活必需品や生活雑貨を、量り売りまたは過剰包装なしで販売する奥熊野の海沿いの小さなお店。商品の背景やストーリー、そ のモノを産み出した人と共に紹介しています。熊野に暮らす人・熊野に訪れる人だけでなく、街に暮らす 人へ、循環・持続可能なライフスタイルへのキッカケを提案するアンテナショップをめざしています。尾鷲ヒノキのへむへむタワシ(田原屋)、熊野杉のおひつ(桶濱)、本藍染オーガニックコットンタオル・てぬぐい)(そめやなないろ)等をご紹介しています。
ブース:B伝統エリア

NOOK -ミサト工業-

2014ワタシクリエイト, その他,
毛のお手入れをもっとやさしく、もっと安全にできないだろうか。その思いから生まれました。アイスのバーのようなこの形には、たくさんの機能とやさしさが込められています。秘密は独自の技術によって生み出した本体のしなり。1000分の1ミリレベルの機械加工と、職人の手仕事。日本刀の産地である岐阜県関市に受け継がれる高度な金属加工技術がそれを可能にしました。お手入れの新しい形NOOK。うんと人にやさしい、新しい道具です。
ブース:E伝統エリア

大槌復興刺し子プロジェクト

2014ワタシクリエイト, その他,
東日本を襲った、未曾有の大震災。岩手県の沿岸南部に位置する小さな三陸の町・岩手県大槌町は、中でも甚大な被害を受けました。「刺し子」は、布に一針一針模様を刺す、日本中で広く親しまれている昔ながらの手芸です。避難所で一日中横になって日々を過ごしていた、おばあちゃんも。仕事を失ったお母さんも。働き盛りの若い女性も。復興への強い願いを込めて、一針ずつ、一つずつ、丁寧に作っていきます。
ブース:E復興エリア

RW∞Y – リューイ-

2014ワタシクリエイト, アクセサリー,
”A LIFE LESS ORDINARY/普通じゃない人生” をモットーに.非日常にエッセンスを加えられるような作品をセレクトしております。
「いま」この時は誰でもない貴方のものそんな「いま」を生きるクリエイターが大事に作ったからこそ貴方の手に取る”一点”が価値になる、RW∞Yはそれを手にする方とのご縁を大切にしご縁をつむいでいきたいと思い、日々製作に励んでいます。
だからこそここで取り扱う価値があると思い、日々製作しています。
ブース:Cエリア

kimiko kojima小島君子

2014ワタシクリエイト, その他,
版画から油絵、日本画、デッサン、イラストと幅広く活躍。版画では妖艶な女性をモチーフとして展開。油絵は大輪のひまわりを力強く描くことによりパワー溢れる作品となっています。また、ひまわりの油絵を購入された方からは「元気が出る」「いいことがいっぱい」「お客様に喜んでいただけた」(病院、企業など)といった感想をいただいています。誰に師事することもなく50年以上独自の作風を貫き現在もバイタリティー溢れる作品を描き続けています。
ブース:Cエリア

green*treetop

2014ワタシクリエイト, アクセサリー,
ショップのコンセプトは、“さりげなくオシャレで愛用したくなるモノ” を作ること。
green*treetopのアイテムは、ストラップ、アクセサリー、ファブリックグッズなど、
ひとつひとつ細部までこだわりながら手作りした、この世にふたつとないオリジナルなモノたちです。
何気ない日常をさりげなくオシャレに彩り、末永くご愛用いただければ嬉しく思います。
ブース:Cエリア

konoha – Atelier Yukiyanagi -

2014ワタシクリエイト, その他,
自然の美から受けたインスピレーションを元にデザインを展開するプロダクトのシリーズ。手に取った時の手ざわり感を大切にしたグラフィック。
人が書込んだり、持ち歩いたり、誰かに贈ったり。そこに刻まれた時間や想いを大切に保管するためのものです。ガーデンデザイナー諏訪晴美とフォトイグラファー橋本篤生とのコラボレート作品も展開中。
ブース:Cエリア

Vostok西川文恵

2014ワタシクリエイト, その他,
映像制作業務(映画・CM・VP・各種映像ソフト)、広告企画制作業務、国際共同制作業務を行っています。『ヴォストーク』とは人類初の有人宇宙船の名前です。ガガーリンは帰還後の記者会見で「地球は青かった。」と世界に語り、今に伝わります。語り継がれる「共感」の実現の場を目指す思いを込めて、「ヴォストーク」の偉業の記憶を社名とさせて頂きました。
ブース:Eエリア