「ワタシクリエイトinヒカリエ」の様子をレポート!セミナー編

先日行われた「ワタシクリエイトinヒカリエ」の様子をレポート!

watashicreate01
4U4A2011
『「ワタシクリエイト」とは決して自分の見せ方の話しなんかではなく、多様化する時代の中で、自らの生き方をまずはしっかりと長期目線で捉え、戦略的に設計していく生き方のことを言います。ちょうど、企業の経営デザインをストラムドで学んでいた時に、元は、楽しい事、面白い事、お洒落な事を発信するWEBマガジンだったコンセプトを「ワタシクリエイト」に移行させていきました。今後の目標は、自分の生き方を自らクリエイトする人が、共に新しい価値を創造していくイメージの「コ・クリエイションオフィス」の設立です。本日ご来場いただいた皆様もアトリアのメンバーと捉え、お迎えしております。今後、未来のための新しい価値が皆様と、この場から産まれていく事を願って』まずはアトリア主宰の井尾さわこより、アトリアとは?ワタシクリエイトとは?についてのご説明をさせていただきました。

真剣にメモを取る姿も・・・企業経営デザインと、自分人生デザインとは。

watashicreate-repo02
まずはパオスの30年の功績を映像にて皆様へ見ていただきました。「企業経営にデザインを導入する」先生ご自身の人生デザインについてのお話も。。。デザインを桑沢デザイン研究所で学んでいる時、デザインを決定するのは経営者であるとということに気がつき早稲田大学へ入学。その後、デザインサークルが大人気となりその延長でPAOS設立CIの概念をアメリカから日本へ持ち込みその後、福武書店がベネッセへ、伊奈製陶がINAXヘ、その変革を中西元男先生が代表を務めるPAOSがデザインコンサルタントとして一役かっていらっしゃったのです。
難しいと感じられそうなテーマですが、
来場者の皆様の中には真剣にメモを取る姿が見受けられました。
watashicreate-repo03

NPO法人JKSK代表 木全ミツさん、 営業部女子課主宰 太田彩子さん、ブランディングクリエイター渡辺佳恵さん、Velnica代表 小林加奈さん、料理家 真藤 舞衣子さんをお迎えしました

watashi-repo2bu
木全ミツさんから冒頭から喝!「日本の女性は、高い教育を受けているにも関わらず、社会に還元する気持ちが低い」
「もっと社会貢献について考えるべきよ」
営業部女子課主宰の太田彩子さんからは「女性らしいおもてないマインドで、成果を出す事ができるはず」
渡辺佳恵さんからは「経済的にも精神的にも女性も自立すべき、結局成果を出している人は努力を続けている人よ!」
真藤舞衣子さんからは「本物に触れること、こだわりを貫くこと、食は人を創る、食事を大切にして欲しい」
小林加奈さんからは「自分のブランディングとは決して見せ方だけのことではなく、どう生きていきたいのか長期目線で見据えて欲しい、自分が活かされるのは誰かの役にたつこと、自分を売り出すこととはき違えないで」
皆さんから力強いアドバイスが飛び交いました。

kaijyou

自分の生き方をクリエイトすることが決して、見せ方の問題ではなく、長期目線で、人生設計をしていくことであるということを、中西先生の話しから、考えることができ、「ワタシクリエイト」の真の意味がより強いメッセージとなりました。2部では来場者の女性達が普段、悶々と心の中で叫んでいる事を木全さんはじめとする、登壇者の皆様に代弁いただいたようなそんな壮快感のある会となりました。アトリア主宰 井尾さわこ