Monthly Archives: 10月 2014

正規スタッフ、アトリアパートナー大募集!

Atlya BLOG,

3ed5fcf6-f9ee-4291-9a1f-4398981e6956

アトリアを運営する株式会社エモーヴはスタッフを募集中です☆

マガジンサイト「アトリア」、コクリエイションスペース「ヒュッテアトリア」を運営する株式会社エモーヴが正規スタッフ、そしてアトリアパートナーとしてイベント等に関わってくださる方を募集しています。

ブランディングデザインの仕事をする株式会社エモーヴが、CSV事業の拡大によりWEB・グラフィックのディレクター、デザイナーを緊急募集!企業のお仕事と平行して、女性の社会進出進出を支援するコミュニティ創りの一環で、キッズルーム・カフェ付きコ・クリエイションオフィスの運営など、デザインの枠を超えて企画やイベント運営などでも活躍したい方を募集しています!少しでもピントきたらご連絡ください!もちろん男性も大歓迎!

なにをやっているか

株式会社エモーヴは、「心の豊さを創造し、経済的豊かさまでもを創造する企業」という理念のもと、ブランディングの仕事を行っております。
また、「自分の生き方を自らクリエイトする」をコンセプトにしたコミュニティ アトリア を自社で企画運営しています。

【事業内容】
■ブランディング事業
 クライアントの企業、お店、商品、サービスのブランディングをします
■クリエイティブ制作事業
 ブランディングに関するデザイン制作をします
■課題解決型プラットフォーム
 ワタシクリエイトをコンセプトにしたコミュニティ「アトリア」の運営 http://atlya.jp
■プラットフォームデザイン事業
 ある属性の人を緩やかにコミュティ化し、自社の商品やサービスをPRするプラットフォームづくりをコンサルティング及び制作します
上記が弊社の主なサービスメニューです
“自分の生き方を自らクリエイトする”をコンセプトにしたコミュニティ アトリアhttp://atlya.jpは、
もともと、アトリアは、エモーヴのCSV活動としてはじめたものです。

社会問題解決型であり、その価値を社外と共有しながら進めていくというスタンスが大前提のプロジェクトです。

【アトリアで解決したい課題】
1)女性ならではのライフイベントと平行した仕事の継続や休暇からの滑らかな仕事復帰・・・
2)日本の伝統を新しい形で継いで行くこと・・・
を主な課題に掲げています

【アトリアで具体的に取り組んでいる施策とは】
1)7月から、スタートした
女性が仕事を続けやすい付帯サービス●KIDSスペース●サロン●スタジオ●ギャラリー機能のあるオフィス空間「コクリエイションスペース ヒュッテアトリア」を設立し運営しています。
2)アトリアから誕生した「日本の伝統を新しい女性視点で継いで行くプロジェクト〜tsugugotoツグゴト〜のプロダクト企画を展開中です。

http://atlya.jp/category/tsugugoto/

9466ec18-401f-4faa-a6f2-23480c49fc83日本の伝統を女性目線の新しい視点でリノベーションする[tsugugotoつぐごと]プロジェクト等、多数アトリア内で自社サービスを展開中

ee8311c8-f951-46d5-898f-f61ddf285822今年開催したヒカリエでのイベントの様子

今年5月にはクリエイターとそれを応援してくれる企業を集め、展示販売イベントを開催、2500人動員し、120社以上の媒体掲載されました。
新しい企画がわんさか!そのため、エモーヴのクライアントワークに留まらず、仕事のジャンルを横断しながら仕事ができる柔軟なWEB/グラフィックディレクターとデザイナー、を募集しています!
ディレクターにはプロジェクトリーダーとして活躍を期待します。

なぜやるのか

why

【ブランディグや制作事業とコミュニティ運営の両輪を目指します】
当初エモーヴは、デザインの制作事業を主な仕事として代表の個人事業として設立いたしました。
現代の社会において、20代女性でフリーランスとして活動を続けることの難しさに直面し、その中で感じた社会の課題「アーティスト、クリエイター女性の社会進出」「クリエイター女性のキャリアの継続」について取り組みながら仕事をすることの重要性を痛感、WEBコミュニティ「アトリア」を作ることになりました。

【コクリエイションスペースとは?】
アトリアはwebでのコミュニティ作りから始まりましたが、読者の皆さんから寄せられる共にワークショップやイベントで学んできた過程において、読者の皆さんの課題解決によりコミットしたコミュニティの形成を目指したいと、リアルに課題解決に取り組める空間が不可欠!との想いから、
皆様に向けて発信すべく、コ・クリエイションスペースを設立する運びとなりました。

【ワタシクリエイトの可能性とは】
多種多様のコンテンツをご呈示する事により、
より多くの多様な生き方の可能性を表現できる場創りと共に、自立したワタシクリエイター達が化学変化を起こしながらコ・クリエイションする環境を理想としています。メンバーと共にプロジェクト単位でクライアントワークに取り組んでいます。また、お互いの経験に触れることで、生き方、仕事の幅も広げられる場創りを目指します。

【ワタシクリエイトが目指す未来】
私たち等身大の〜女性の働き方〜を大切に、
女性ワーカーの突然おとずれるライフイベントによる仕事や社会的キャリアの 「リセット」をリセットではなく
「経験」に変え、成長できる環境創りを目指しています。
KIDSルームをコクリエイションスペースのメンバーも利用できる企業内保育園にすることも目標の一つです。

どうやってやっているのか

さわみきcocreation-prepg

今回主に募集しているのはクライアントワーク、上記で説明してきました自社運営のコミュニティで提供するサービスの両方に携わるコアメンバーです。

【こんな人を求めています】
*必須スキル
・WEBの開発、運営に関する総合的な実務経験2年以上
・グラフィックデザイナー経験2年以上

【歓迎スキル】
・新規事業立上げのご経験のある方

【理想の人物像】
・表現者としての独りよがりにならずに、「チーム」で成功に向かうスタンスを持てる人
・仕事がすきな人
・世の中に貢献したい気持ちの強い人
・ワタシクリエイトしたい、もしくは出来ている人

【選考の流れ】
1.メールでご応募ください アドレス:info@emorv.com

2.書類提出(開発したサイトのURL、ポートフォリオなど実績が分かるもの・履歴書・職務経歴書等)

3.面接 

4.採用!研修期間有り

みなさまのご応募をスタッフ一同お待ちしております!

正規スタッフや、パートナー講師メンバー以外にも
「オフィスに入りたい!」「ワークショップを開催してみたい!」「パーティーをしたい!」「展示会に使用したい!」などなど
ご興味を持って頂いた方も、是非ご相談下さい!
ヒュッテアトリア

ワタシクリエイター紹介 Atelier Yukiyanagi 諏訪 晴美さん

ワタシクリエイター紹介,

suwasanプロフィール2

Atelier Yukiyanagi 諏訪 晴美さん

諏訪 晴美さんのプロフィール
■経歴
町田ひろ子ガーデニングプランナー科卒業。同年ニューヨークへ留学後、成城大学経済学部経営学科を卒業。
広告制作会社、出版会社を経てランドスケープアーキテクト榊原八朗氏に師事。2007年 Atelier Yukiyanagiを設立。植物を使った空間デザインや、商品開発を手がける。

今のお仕事をされようと考えたのはいつ頃から?その決断に至ったエピソードがあればきかせてください

suwasan-office具体的には独立をする1年前。今から8年前のことです。

元々、花や緑が好きだった私は当時勤めていた広告代理店を退社し、ガーデンデザインの勉強を始めました。専門学校に通いながら、ランドスケープアーキテクトの榊原八朗先生のお手伝いをさせていただきました。また、建築家であった父から、幼い時から庭のあり方などを聞く機会があったので、その教えをもとに自分なりの緑に対する考えを育んでいきました。
師匠から早く独立をすれば早くいろんなことが吸収できると言われ、独立をやっと決意することができました。
でも、確かにそうだったと思います。

今(近い将来)の一番の目標を教えてください

suwa-san1-目標2
最近、メディカルハーブの勉強を始めました。現在も、いくつかの雑誌で連載ページを持たせていただいておりますが、今までハーブの使い方や料理のレシピだけではなく、ハーブがなぜ体に良いのかということを深く理解した上で、季節のハーブの使い方をお勧めできる記事を書けるようになりたいです。

suwasan目標2
 

もう1つの目標は、植物の美しさを間近で見て感じてもらうこと。そのための雑貨作りを始めました。
現在、文具のブランドが1つ始まったばかりです。商品を手にとった人が、100人中1人でも植物って美しいということに気づいてくれたら嬉しいです。

今一番のWORK&LIFEでの悩みをきかせてください

suwasannayami

ずっと悩みだった妊娠や子育てとの両立。
現在3歳の娘が1人います。商業施設の外構や店内ディスプレイをしていた私は、子どもができた時に育児との両立で壁に打ち当たりました。今までやっていた仕事が今までのやり方ではできないということに気がついたのです。思い切って事業内容を変えました。現場に出る仕事からオフィスでできる仕事へ。

ただ、もう1つ問題がありました。今まで自宅と事務所が離れていたため、時間がうまく有効活用できなかったことがとてもストレスでした。

赤ちゃんの頃は、ベビーベッドをはじめなんでも2セットをレンタルで揃えていましたし、赤ちゃんの荷物は多いので移動だけでも大変。そこで、思い切ってホームオフィスを作りました。入り口は別々ですが中が繋がっているので、子どもも家とオフィスを自由に行き来できますし、お昼寝や夜寝た後も仕事をすることができます。いろいろな意味で、子育てと仕事の両立は難しいことがいっぱいありますが、自分のペースで仕事の楽しさを見つけながらやっていきたいと思います。

10年後の目標の自分像をきかせてください

suwasan10年後の目標2
10年後私は46歳になります。

下記の2つの事業を柱に、Atelier Yukiyanagiを成長させていきたいです。10年後も笑顔がいっぱいの私でいられるって想像できるのは、ワタシクリエイトのメンバーがいるからかな。

私の心のミカタです。

事業1.『 ハーブガーデンプランナー』

メディカルハーブの勉強を続け、その知識をガーデンプランに盛り込み、今以上のハーブの使い方、レシピを提供できるガーデンデザイナーになること。福祉施設や商業施設では、ガーデンプランと共に、ワークショップや摘んだハーブを切り花として活用する方法など。香りを楽しめるだけでなく丈夫で育てやすいことも特徴に広めていきたいです。個人庭ではよりパーソナルな体質などに合わせたプランを作り、いつでも気軽に相談できるハーブガーデンサロンを作りたいです。

事業2. 『ハーブを広めるための活動』
ハーブをもっと身近に感じてもらうために。今後女性のためのハーブをデザインにおとした雑貨のブランドを作るために考案中です。ハーブのある暮らしの豊かさを少しでも多くの人に知ってもらえたらと思って考えました。商品の紹介だけでなく、ハーブの育て方、植え方の提案、使い方(レシピ)に至るまでの情報が詰まったサイトも作りたいです。10年後そのブランドが育っていることを願います。

Atelier Yukiyanagi
http://yukiyanagi.com/

ほわっとしたイメージながらも1本芯の通った印象を与えてくれる諏訪さん。
子育てをしながらも、着実にワタシクリエイトしながら
仕事、生き方をバランス良く、夢を実現していく行動力にいつも見習わせて頂いてます☆
アトリアともご近所さん・・・。つながっていく輪・・・。
そして母は強し★

後記 澤実紀