サイボウズ式にならえ!小さな会社にもフレキシブルな働き方を

01

女性が社会で活躍するためにはライフステージに合わせて働ける環境が不可欠と考えてヒュッテアトリアを立ち上げた株式会社エモーヴ(以下、エモーヴ)代表の井尾とメンバーがサイボウズ株式会社(以下、サイボウズ)にお邪魔してきました企業ブランディング担当の渡辺清美さんに多様な働き方で社会にインパクトを与えているサイボウズのあれこれをお聞きしました。

「信頼」という人事評価からなる多様な働き方

05サイボウズでは時短や残業の有無などの業務量、オフィスに出勤するか自宅かなどの場所の組み合わせで9種類もの働き方があり、ウルトラワークという時間や場所にとらわれない勤務スタイルは一日単位で導入できるようになっています。それだけ多様な働き方があるのならば人事制度もさぞ複雑なのではないかと思いきや、評価は「信頼」をベースにしているのだそう。ありそうでなさそうな「信頼」という評価軸。細やかな制度も、社員一人ひとりへの信頼があってこそ成立しているということがうかがえました。これはエモーヴも早速検討しなければ!

また、面白い取り組みとしては、育自分制度という転職や留学など自分を成長するために一度会社を離れても6年以内は受け入れる出戻り制度や、副業OKの制度もありました。今はまだ無いけどあったらいいな、ということを積極的に形にしていく企業風土はエモーヴにも通ずるところがありました。

組織づくり、仕組みづくりはすべて試行錯誤

0307でも、なぜこれほどに柔軟な働き方を用意することになったのでしょうか?それは、2005年まで遡ります。現在の青野社長が社長に就任した2005年、サイボウズの離職率は28%ととても高かったのだとか。意外ですね。そこで、まずは居続けてもらうための制度を作らなくてはと思い、社員の意見を取り入れながら今の形を作ったのだそう。何かを変えるにはそれなりの期間がかかりますよね。それを途中であきらめずコツコツと試行錯誤を繰り返して今があるのですね。

サイボウズあれこれを使ってみた

02さてさて、あれこれいろいろな働き方をご紹介していただきましたが、それはサイボウズが提供するグループウエアの活用があってこそ。早速、私たちもサイボウズを使ってエモーヴらしい働き方を構築しなければ!

ということで渡辺さんに手ほどきをいただきながら、クラウドで情報を共有できるサイボウズOffice、kintoneを使ってみました。

井尾:サイボウズOfficeはあらかじめいろいろな機能がついていて始めやすそう。

渡辺:そうですね。スケジュールや電話メモ、掲示板、ファイル管理など基本的な機能が揃っているので、すぐ使い始められます。サイボウズOffice のカスタムアプリという機能やkintoneは、業務に合わせ様々なアプリを作るとこから始めます。テンプレートもあるので、わりとすぐに使うことができます。

メンバー:テンプレートには、見積りや請求書もありますね。バックオフィス系の業務もはかどりそう。

渡辺:はい。顧客や案件の管理にも使えます。承認フローも設定できるので経費精算にも便利です。弊社でも総務や情シスなど社員の問い合わせが多い部門は、よくある質問をまとめ検索できるようにして業務を効率化しています。

メンバー:これは便利そう!

井尾:アイデアをディスカッションしたいときはどうしたらいいのかな?

渡辺:サイボウズの製品は、様々な機能にディスカッションの機能がついています。SNSに書き込むような感じで、気軽に意見を交わせますよ。kintoneは、社内だけでなく社外の方とのやりとりにも使えます。

井尾:案件ごとに違うメンバー構成で情報共有できますね。

渡辺:そうなんです。

井尾、メンバー:使い方次第である程度何でもできちゃうんだ!まずは使ってみましょうか!?

エモーヴでは翌日からkintoneを導入しました!

06さっそくkintoneを使ったところ、伝えようと思って抜けてしまった事やプロジェクトが錯綜してしまいやすいところが使用1週間で、明らかに改善されています!引き続きkintoneを使って、多様な働き方を受け入れられていきたいとおもいます!

スクリーンショット(2014-11-07 21.47.55)※無料のアプリケーションを反映し、使用スタート!

担当いただいた渡辺さん。子育てしながらも充実したお仕事生活を送り輝いていらっしゃる理由が、はっきりとわかりました!9つの働き方が選べ、場所に関わらず仕事をしていても信頼度で評価されるという社風。。。私もそんな人間らしい評価基準をつくれるような企業を目指したいと思いました。まずはkintoneでコミュニケーションを多く取れるよう改善していきます!井尾さわこ