2015年5月30日・31日 テシゴトマルシェ@代々木上原 Vol.2

5月30日・31日に開催されました第二回目となるテシゴトマルシェ。
お天気にも恵まれ、日差しが降り注ぐ晴天の中スタートしました!

テシゴトマルシェコーナーでは。。。

今回はラシック福岡天神に参戦頂いた作家さんから、8名がご出展です☆
アクセサリー・ファッション・雑貨、香りのオブジェなどなど幅広いテシゴト作品たちが並びましたよ!

テシゴトマルシェ2e

◆uiny by nakamurayui
お野菜たちが可愛いアクセサリー。
ピーマンの種やカカオの中身・・
細かいところにまでこだわりが感じられ、まじまじと見入ってしまいます。


◆Ventana
神戸からの参戦!
会場をいい香りで包んでくれたのは「香りのオブジェ」たち。
人にやさしい素材で作られたそれらは、私たちの心を癒してくれます。


◆grasspool
京都からの参戦!
お山をモチーフにしたカラフルなケースたち。ジッパーを閉めているときと
開けた時の形のギャップが面白いです。


◆Ye Olde Haunt
とても繊細だけれど存在感のあるアクセサリーたち。
いつものコーディネートのアクセントになりそうです。


◆Bijouterie323
身に着けるだけで、いつもより自信が持てそうな品のいい作品たち。
カスタマイズできるジュエリーもあります。


◆akacode
ご自身の経験を基に作られたバスローブ。子育てに奔走するママたちへのやさしい思いが
溢れています。ベビー用も新登場です!


◆cocorotsu
世界の面白い生き物たちをモチーフにした作品。動物たちのちょっとした表情にも
こだわっていらっしゃいます。図鑑付のものもあって、本格的!


◆aillugib
絶妙な布の組み合わせで作られるブローチや、リボンタイ。
その独特な世界観に思わず吸い込まれそうです。

それぞれの作品に、作家さんの思いや、その人柄が表れています。
手作りの作品には、「全く同じもの」なんて何ひとつなくてそれがまた魅力的で、愛おしく感じられますよね。

そして会期中、こんな一幕が・・・・

「え~~!すっごく嬉しいです!」
とある喜びの声に振り向くと・・・

ある作家さんとお客様が楽しそうにお話しています。
話を聞いていると、
お客様は、以前別のイベントでその作家さんの作品を見かけて
とても気に入ったようですが、その時は買いそびれてしまったようです。
しかし!このテシゴトマルシェへの出展を知り、わざわざ足を運んでくださったとか。
作家さんもお客様も、お互いとっても嬉しそうで、こちらまでなんだか心があったかくなりました。

そうそう!こういう笑顔をもっと見たいんだなぁ。と改めて実感したのでした。
今回のイベントでは、こう言ったお客様の笑顔を見ることができましたし、
作家さんからも「ご購入者さまからのお声を直接聞けて感動しました!」という嬉しいお言葉を頂きました!

何でもネットで購入できる昨今ですが、実際に自分の目で見て、手に取るのと、画面上で見るのとは大違い!
さらに、作り手さんを知ることでその作品がより魅力的なものに感じられます。
こういう時代だからこそ、その大切さがより身に沁みます。

今後もアトリアは、作家さんたちを応援しつつ、共に成長していきたいと思っています。
そして、作家さんたちの想いをこういったイベントにのせて、沢山の方へお届けしていきます!!

一日目のワークショップでは。。。

さて会場の一角では、アトリアの「ワタシクリエイト学舎」が親子・子供向けのワークショップを開催いたしました。「親子でモビールづくり」と「リサイクルメタルでヘンテコ生物を作ろう」と、ワークショップは二種類。

テシゴトマルシェ2b

どちらのテーブルの上にも、色とりどりの毛糸やテープや金属等が並びます。

どんな素材にしようかな?
どんな色にしようかな?
どんなカタチにしようかな?

材料を目の前に、みなさん目をキラキラと輝かせて選んでいました。お子様はもちろん、大人の方も童心に返ってまるで子供のよう。。。出来上がりをイメージしてワクワクしながら作る心はいつまでたっても変わらないものなんですね!

完成した作品は、みなさん個性が出ていましたよ。世界にひとつの大切な作品が出来たでしょうか。将来、作家さんとしてテシゴトマルシェに参加!なんてお子様もいたりして。。。そんなワクワク笑顔の溢れるワークショップでした。

二日目のアトリアシアターでは。。。

アトリア食堂にて開催されたアトリアシアターは、みんなで楽しく映画を観て、映画を身近に感じる機会が増えたらいいな、という思いから始まったアトリアのイベントです。第一回目のテーマは、地域の食卓。地域の人々とアトリア食堂に訪れた人々がともに食事を作り、映画を観ながら食卓を囲みました。

テシゴトマルシェ2f

『聖者たちの食卓』に登場する豆カレーに習い、アトリア食堂お馴染みのトマトと豆の味噌カレーをみんなで一緒に作りました。まずは色々な大きさやカタチのお野菜から、使いたいお野菜を選びます。玉ねぎを刻む人、人参をすりおろしす人、スパイスを計量する人、各々チームに分かれて協力しながら調理をします。
カレーを鍋で煮込む間は、映画の上映タイム。カレーの出来上がりを楽しみに『聖者たちの食卓』を観賞します。聖者たちの食卓は、インドの黄金寺院の共同食堂が舞台のショートトリップ・ドキュメンタリー。映画の中には、人種も、階級も、宗教も関係ない大きな団らんがありました。性別も、年齢も関係なく、大きな鍋でカレーを作って食べる。。。今回のアトリアシアターとも重なる瞬間も沢山ありました。

映画を観終わった後は、みんなで作ったカレーを食べながら、アトリアシアターの感想を交換しました。


「多様な人達と交流する一つの形として料理を一緒に食べながら映画を見るというスタイルはとっても良いきっかけになるんじゃないかなと思いました」
「インドの生活を垣間みて、日本の豊かさをあらためて痛感し、感謝の気持ちがわきました」
「孫ができて、食への意識がより高まっていたので、今回ワークショップから参加してみました」
「自分自身もコミュニティを運営しており、アトリアのことに興味を持ちました 理想の姿を見せて頂きました」
「カレーの香りがしてきたり、物音がしたり、普通の映画館じゃありえない不思議な空間で楽しかったです」
「インドに2ヶ月バックパッカーをしていたので、なつかしかったです」
「海外に行ける機会も少ないので旅行している気分になりました」
「自分も12人でプロジェクトを運営しているので、大勢で、一つのプロジェクトを動かすというオペレーションが気になりました」
「3歳の娘が料理に興味を持ち始めており、今日もマイ包丁を持参してきました
今日みんなでつくったカレーもよく食べてくれました」
「テレビでおもしろおかしく取り上げられていたが、実際は、こんなに長く続き、そして、多くの人が関わるすごいイベントなんだと知り見方がかわりました」
「日本ではあたりまえの衣食住ですが、あらためて感謝の気持ちがあふれました」など。。。

みなさま映画を通じて、小さな幸せ、小さな驚きを発見でき、映画をより身近に感じられたのではないでしょうか。

映画を身近に感じることのできるアトリアシアターは、今後も開催したいと思っています。またアトリア食堂は、7月に屋外イベントに出没予定ですので、乞うご期待ください!


改めまして。。。

このイベントに関わって下さった皆様、ご来場頂いた皆様本当にありがとうございました!
テシゴトマルシェのトークイベントのレポートも続きますのでぜひぜひご覧くださいね♪

テシゴトマルシェ2g