Monthly Archives: 7月 2015

「和歌山南高梅でつくる梅会2015」を開催しました

Atlya BLOG,

6月27日に「和歌山南高梅でつくる梅酒 アトリア梅会(梅仕事ワークショップ)」を開催しました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

アトリア代表の井尾が和歌山出身ということから毎年恒例となっている「アトリア梅会」。和歌山でもなかなか手に入らない大粒の南高梅を農園から直接取り寄せ、7名でワイワイと仕込みを進めました。一人だと面倒だと思う作業もアッという間に済んでしまうから不思議ですね。

1.梅が入った紙箱を開けて香りを感じるところからスタート

皆が集まり、和歌山から届いた梅の箱を開けると、中から「ふわ~」と清々しい香りが漂いました。この素敵な香りを感じるところからスタートできるのが梅会の良いところのひとつです♪

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

外の暑さを忘れさせてくれるほど清涼感のある香り。「このまま食べられそうだね」という話しをしながら、皆がスマートフォンで写真を撮っていました。採りたてのフレッシュな梅を見るのも触るのも、珍しい体験ですものね。

2.消毒、消毒、消毒!…とても大切な工程です
梅を仕込む工程の中で、ポイントとなる「消毒」。手を消毒して、漬けるための保存瓶を消毒して、梅の実も軽く拭いて消毒します。手と梅はアルコールで、瓶は熱湯を使って消毒します。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

梅酒を仕込む作業は材料が揃ってしまえばそれほど難しくはありませんが、「消毒」がきちんとできていないと失敗の元になります。今回は漬けるために使うホワイトリカーを実の消毒にも使いました。

3.梅と氷砂糖は同量用意
今回は氷砂糖をご用意しました。氷砂糖は純度が高くて味が安定していますし、溶ける速度なども梅酒作りにぴったりなのです。この氷砂糖の力によって、梅から果汁が外へ出てきます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

黒糖や三温糖で作るレシピもありますが、アトリア梅会では初めて梅酒作りを体験する方も多くいらっしゃるのでオーソドックスな作り方にしています。
計量作業も皆でやっていると楽しい!

4.梅のヘタを取り、竹串で穴を開ける
梅の実から果汁が早く出てくるように、竹串で穴を開ける作業をします。

まず竹串で梅のヘタを取り、表面に軽く穴を開けていきます。金串ではない理由は、梅は金属を嫌うと言われているから。プスプスと実を刺す感触は気持ちがいいです。まんべんなく実に穴が開いたらOKです。

5.氷砂糖と梅は交互に保存瓶へ
梅酒の仕込み作業も佳境!氷砂糖を梅は交互に重ねるように入れていきます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

青い梅と白の氷砂糖が重なるととても綺麗!いつまでも見ていられそうです。

6.ホワイトリカーを注いだら、作業は終了

ホワイトリカーは果実酒を作るための専用のお酒。アルコール度数が高いのですが、梅酒作りには一番適しているといわれています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

瓶の上からソ~っと注いで、瓶のフタを閉めたら仕込み作業は終了。すぐ飲みたいところですが、最低3か月は冷暗所で寝かせます。
ここからは「待つ」時間です。この間に、同じ材料で作っても出来上がりの味がそれぞれに違うものになるから不思議です。そして、そういったところが梅酒作りの面白いところなのかもしれませんね。
「1年後に皆の梅酒を持ち寄って試飲したいね」と盛り上がり、2015年の梅会は終了しました。

生では食べることができない梅から、どんな美味しい梅酒が出来上がるのか…。作る時間を楽しみ、待つ時間を楽しみ、出来上がったものを飲む時間を楽しむことができる。この段階をそれぞれ楽しむことができるのが手仕事の良いところですね。
ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。また試飲会でお会いしましょう!
来年も梅会の開催を予定していますので、ご予定が合いましたらぜひご参加ください。

関連URL
http://atlya.jp/2013/05/13/156/

「hutte atlyaキッズスペース見学会」を開催しました

Atlya BLOG,

withKIDSroom

6月27日の午前中から「hutte atlya(ヒュッテアトリア)キッズスペース見学会」を開催いたしました。

 このスペースは、先日「hutte atlya」内に新しく誕生した空間で、ワタシクリエイトな生き方を目指す女性とお子さんをサポートしたいとの想いで作りました。お子さんと一緒に使えるコワーキングスペース(月額制オフィススペース)とイメージしていただけるとわかりやすいと思います。場所を提供するだけでなく、新しい子どもの育て方、働き方、学び方が生まれる”コ・クリエイションスペース”としてオープン致しました。

見学会当日にご参加いただいた皆様、ありがとうございました!

1.スペースを楽しもう!family musicセッション

 まずは家族で新しい場所に親しみ、楽しむために、音楽プログラムを体験。プロミュージシャン足立浩さんに来ていただき、たくさんの楽器を使ったリズムセッションを行っていただきました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 最初は初めての場所でたくさんの人がいるのでソワソワと動き回る子ども達でしたが、面白い音が出る楽器を見て触ったり、アンパンマンや妖怪ウォッチのテーマソングに合わせての演奏に参加したりするうちに、集中力が出てきた様子でした。

 足立先生によると「最初は皆、好きなことをしているけれど、2回目3回目と回が重なるとどんな子でも『次はこれ、その次はこれをやるんだよね』と段取りがわかっているような動きになるから面白い。誰でも集団の中で楽しめるようになる」とのこと。同じ場所で同じ雰囲気を味わうと、小さい子どもも慣れて状況が理解できるようになるそうです。

 今回は見学会の中の1コマでしたが、足立先生にはこれからもリズムセッション(リトミック)を開催していただく予定です!

2.食卓を囲んで、おしゃべりタイム

 「いただきますで繋がる」をコンセプトにしたアトリア食堂で、参加者の皆さんとランチを一緒に。初対面の皆様が多かったですが、食卓を囲むとお話しも弾みますね。お子さんも交えて、子育ての話題で楽しいひと時を過ごしました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 アトリア食堂は「hutte atlya」の階下にあり、無農薬の野菜を中心にしたランチを提供している場所です。この場所では”食べること”からワタシクリエイトな皆様をサポートしています。

3.ミニワークショップ「ワタシクリエイト診断」

 食事の後は、お母さんお父さんという日常から少し離れ、”気づき”の時間を持っていただこうという趣旨の企画を行いました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

アトリアスタッフから1年間の子連れ出勤体験談を振り返って分かったことや良かったことなどをお伝えし、その後、簡単ではありますがワークショップを行いました。参加者さんご自身が今考えていること、今までの活動のことなどをまとめたり発表していただいたりしました。

 子育てに追われていると自分自身の今を見つめたり、過去の状況を整理したりする時間が全くなくなってしまいますよね。改めて時間を設けることで、”これからの自分像”について考える機会となっていただけたら…開催して良かったなと思います。

 集まっていただいた方々の今までの活動やこれからやっていきたいことをゆっくり聞かせていただき、とても貴重な時間になりました。参加された方々からは、「出産してから自身を顧みることがなく、とても良い時間になった」「こういう場に来ることがほとんどなかったので楽しかった」などの感想をいただきました。

kids4

■hutte atlya オフィスwithキッズスペース
→利用方法:子どもと一緒に過ごすプラン「with KIDS スペース会員」(4000円/月~)、託児付きのフリーデスクプラン「FREE DESK + 託児会員」(16,000円/月~)
→利用可能時間:9時~18時

【ワタシクリエイト学舎&テシゴトマルシェ】at代々木VILLAGE SATURDAY MARKET 7/18(土)

Atlya BLOG,

サタデーマーケット

代々木VILLAGE GOOD SATURDAY MARKETにて、アトリアがワタシクリエイト学舎とテシゴトマルシェを開催します☆

自分の生き方を自らクリエイトすること=”ワタシクリエイト”を、ぜひ一緒に体感してみてください!!

代々木VILLAGE GOOD SATURDAY MARKETは
「なるべくカラダに良いものを、無理なく、楽しく」
新鮮なお野菜や、いつもの暮らしをすこし豊かにするワークショップなど、
都会に暮らしながらも自然を大切にしたライフスタイルを
願う人達にむけたイベント。
今回は子供と大人が一緒に楽しめるコンテンツがいっぱい!
本イベントは『“自然と共に生きる”21世紀暮らし方』を提案する
webコミュニティ「nu-natural(ニューナチュラル)」、
ワタシクリエイト=自分の生き方を自らクリエイトしたい人のためのコミュニティ
「Atlya アトリア」との共同企画でおこなっています。

場所: 代々木VILLAGE
    (http://www.yoyogi-village.jp/
日程: 2015年7月18日(土)
時間: 10:00〜17:00

展示・販売

”テシゴトマルシェ”は、昔から日本の生活を豊かにしてきた女性の手仕事 また 民芸としての手仕事 伝統工芸としての手仕事 そんな様々な視点での手仕事のカテゴリーを横断し作品やそのアイテムをギャラリーとは違って身近に手にとってもらえる特別な場所として開催している企画です。アトリアがワタシクリエイター(自分の生き方を自らクリエイトしている作家)でもある作家を毎回キュレーションさせていただく野外(オープン空間)展示販売会です

ven香りのオブジェ/ ventana ———————————————————————————
であいをかんじる。
きれいをこころへ。
いきるをたのしむ。
ventan(ヴェンタナ)はスペイン語で窓のことをいいます。
地球やいのちにやさしい素材を使用したventanaの作品やワークショップを通して「人」や「もの」、「こと」との様々な出会いが、みなさまの暮らしに彩りを添えることができますように。

cocoアクセサリー/ cocorotsu ————————————————————–
目黒区美術館で開催していた『包むー日本の伝統パッケージ』展で見た伝統パッケージの目に見えない『心をつつむ』日本人の文化に感銘を受け『心を包む、大量生産ではない心のこもったモノ』を作りたいと強く感じ、cocorotsuが誕生しました。
『皆様の人生がよりワクワクハッピーになりますように』と、
1つ1つ心を込めて制作しております。

atlya250植物/ アトリアGREEN SHOP supportedそら植物園 ———————————————————————————
代々木ビレッジの植物園のような空間の中で
植物のバトンをアトリアが受け取り、都会の日常でも
楽しめる植物をキュレーションし、限定販売致します

ワークショップ

”ワタシクリエイト学舎”は、ワタシクリエイト=「自分の生き方を自らクリエイトしていくこと」を前提に、経験、キャリアをリセットではなくオンしていく生き方、プロのためのプロで居続けるための学ぶ場所です。
講師が時に生徒に、生徒が時に先生に・・・それが【ワタシクリエイト学舎】です。ワタシクリエイトを発見するスポットプログラムと、ある専門ジャンルを深く掘り下げる、養成講座をご用意しています。!

サタデーマーケット3学舎プログラム1/ 植物のある暮らし ———————————————————————————
ハーブ、グリーン、お花  いろいろな植物たちを使って
小さなアレンジ、花束、リースづくりの中からお選びいただき体験していただくワークショップです
お作りになったものは、もちろんお持ち帰りいただけます♪
植物や自然を大切にするナチュラルライフを実践、提案している荒井雄子さんから日常の忙しさでついつい、取り入れられない
グリーンの気軽な楽しみ方・生活を豊かにするヒントがもらえます

飾る、香る、味わう 日々を楽しむ植物の取り入れ方
都会でもできるナチュラルライフを体験してみましょう!

◎日 時:2015/7/18(土)13:00-14:30
◎会 場: 代々木VILLAGE コンテナゾーン2F
    (http://www.yoyogi-village.jp/
    〒151-0053 渋谷区代々木1-28-9     
◎料 金:¥4,000
◎時間: 90分
◎支払方法:事前振込
◎定 員:10名
◎申込方法:manabi@atlya.jpまで 
●お名前●ご職業●申し込み人数 ●お電話番号をご連絡下さい。振込先をご連絡致します。定員は振込終了先着順になります。

==========================
講師:arai yuko  荒井 雄子
大手花企業で、スクール講師・デザイナーとして16年勤務後、2007年よりフリーで活動中。
フラワーアレンジの他に、アロマ、ハーブ、薬膳、テーブルコーディネートの資格も持ち、
植物や自然を大切にするナチュラルライフを実践、提案している。

Akko250×250学舎プログラム2/ リーフワークを使った珍しいコサージュを作ろう!〜———————————————————————————
リーフワークを使った珍しいコサージュを作ろう!〜

生のリーフワークを使ったコサージュ作りです。
かばんに付けても、服に付けても、髪に付けても人と差がつく10〜15cm程度のコサージュをつくります。
(通常、植物の葉っぱで作る「 リーフワーク 」 ですが今回は少しのお花も使います。)

沢山有る葉っぱ、何の変哲もない葉っぱですが人と同じように一枚一枚、大きさも違えば模様もちがう。
ただの葉っぱをいろんな形に曲げたり折ったり重ねたり
、そうすることで、生えている葉っぱには見られない、
人間が手を加える事でうまれる、綺麗な形や重なりがうまれてきます。
葉っぱと遊ぶ、たわむれ、対話する・・・そんな時間の提供のご提案です!

◎日 時:2015/7/18(土)15:00-16:30
◎会 場: 代々木VILLAGE コンテナゾーン2F
    (http://www.yoyogi-village.jp/
    〒151-0053 渋谷区代々木1-28-9     
◎料 金:¥4,000
◎時間: 90分
◎支払方法:事前振込
◎定 員:10名
◎申込方法:manabi@atlya.jpまで 
●お名前●ご職業●申し込み人数 ●お電話番号をご連絡下さい。振込先をご連絡致します。定員は振込終了先着順になります。

==========================
講師:ACCO SUZUKI

香川県高松市生まれ
武蔵野美術大学工芸工業デザイン科卒業

卒業後、某大手老舗花屋に就職。
店舗にての勤務、ウェディングゲストハウスにて婚礼の装花など。
型にはまらずに植物を使いたい。退職後、完全なオーダーメードによる制作を始める。
絵の具で絵を描くように、
自由に制作をおこなっている。
2013年秋、密林東京を発足。
ウエディング、ライブデコレーションや、商業施設などの空間づくりから、アレンジメントやアクセサリーなど小さな物までオーダーメイドで制作している。

サタデーマーケット2学舎プログラム3/ モテジナKOJIさんのマジックレクチャー ———————————————————————————
みんなの笑顔にかこまれる『魔法のモテジナ』
大切なみんなを笑顔にして、子供にも、家族にも、
そしてもちろん異性にもモテてしまう魔法のようなコミュニケーション技術。
それがモテジナです。
KOJIさんのWEBページ
http://www.magicaldreamer.com/

当日は10分〜15分ほど魔法を披露、残りの時間にどなたでもできる簡単なモテジナをレクチャー予定!

【講師プロフィール】
旅する魔法つかい。上智大学卒業後、ITベンチャー企業を経てプロマジシャンとして独立。過度な演出を削ぎ落して日常に溶け込みつつ、ささやかな非日常を創りだす魔法つかい。各種メディアや企業のショー、各界著名人のパーティや高級ブランドのVIPパーティ等で活躍する傍ら、クラブから子供のイベントまで幅広く活躍。観客の目の前で見せるクロースアップマジックを得意とする。魔法を通して『本来そうあって欲しい世の中』を垣間みる旅、魔法紀行をライフワークで続ける。映画やCMのアドバイザー、イベントのプロデュース・指導、演出、執筆、講演活動など幅広く活動。サロン 『E KU DA』を主催。2010年より日本の笑顔を増やすため、『魔法のモテジナ』プロジェクトを開始。スーパーダディ協会理事。

◎会 場: 代々木ヴィレッジ(http://www.yoyogi-village.jp/)
     芝生ゾーン    
     
     〒151-0053 渋谷区代々木1-28-9  
◎時間:■13時~5名 ■15時~5名(一枠1時間程度)

◎料金:3,000円(メインの参加者に同伴者をつける場合、小学生以上は1000円、それ以下は無料です)

◎支払方法:事前振込

◎申込方法:manabi@atlya.jpまで ●お名前●ご職業●申し込み人数 ●お電話番号をご連絡下さい。
振込先をご連絡致します。定員は振込終了先着順になります。

サタデーマーケット4学舎KIDSプログラム/ もう一人の自分と光のイルミネーション ———————————————————————————
代々木ビレッジの植物園にもう一人の自分出現!?

子どもたちの姿をかたどったイルミネーションを代々木ビレッジに出現させよう!
まずは、どこにどんなポーズの私を出現させるかをプランニングそして、型取り、自分たちで集めたeco素材をぺたぺた貼ったりきれいなフィルム素材をはって、顔の表情、髪型はどうかな?
細部にまでこだわってみよう!
ライトをあてて、さぁどんな見え方になるのでしょう?
子どもの想像力の発見プログラム親子参加でお父さん、お母さんも、ぜひご参加ください!!

飾る、香る、味わう 日々を楽しむ植物の取り入れ方
都会でもできるナチュラルライフを体験してみましょう!

◎会 場: 代々木VILLAGE(http://www.yoyogi-village.jp/)
     code kurkku 2F VIP ROOM
    
    〒151-0053 渋谷区代々木1-28-9 
◎日時:7月18日土曜日10:00~
◎参加費 :1500円(2人1組)※3人目以降はプラス500円/人
◎定員:5組
◎支払い:事前振込
◎申込方法:manabi@atlya.jpまで ●お名前●ご職業●申し込み人数 ●お電話番号をご連絡下さい。振込先をご連絡致します。定員は振込終了先着順になります。
=====================================
[講師プロフィール]
井尾さわこ
アートディレクター、コミュニケーションデザイナー
「ワタシクリエイト」といって自分の生き方を自らクリエイトしよう!をコンセプトにした「アトリア」というプラットフォームを主宰。アーティストやクリエイターと共に、イベント、ワークショップを開催し「ワタシクリエイト」というメッセージを発信中。

[監修者]
森脇裕之 / Hiroyuki Moriwaki

1964年生まれ 筑波大学大学院芸術研究科デザイン専攻修了
現在、多摩美術大学情報デザイン学科准教授
学生時代より、ライト・アート、キネティック・アートの作品制作を始める。
LEDなどの光るパーツを用いたインタラクティブなインスタレーション作品で知られる。人の影に反応する「レイヨ=グラフィー」(1991年)、「夢を見る夢を見た…」(1995年,ARTEC’95準グランプリ受賞)、「Geo-Sphere」(1996年,ロレアル奨励賞受賞)などの代表作では、電子パーツそのものが重要な作品要素となっている。2005年「日本の知覚」展(クンストハウスグラーツ他)で、「Lake Awareness」を発表。草創期から取り組んできたLEDアートの世界は、近年では新宿タイムズスクエア、ソラマチなどで大規模な野外イルミネーション作品に拡大している。また「記憶の庭」(1998年,マルチメディアグランプリ アート賞受賞)、「時花(トキハナ)」(2001年,水戸芸術館開館十周年記念「宇宙の旅」展)などで、メディアを用いたインスタレーションを展開する一方、ファッション・デザイナーとのコラボレーションで、紅白歌合戦の小林幸子電飾衣装を手がけた。演劇パフォーマンス「パパ・タラフマラ」の数々の舞台でライトオブジェを担当、公演「SHIP IN A VIEW」でヴェネツィア・ビエンナーレに参加した。

アトリア初の代々木ビレッジ、ニューナチュラルとのコラボ企画です!!夏休みの入り口の想い出作りにファミリーで、カップルで、もちろんお一人で皆さんのワタシクリエイトが発見できたり、探求できたり、楽しめる場になることを願ってお待ちしております!