ワタシクリエイトCAMPレポート> サイボウズ&メルカリ「ユニークなアイデアで女性の活躍を推進しよう!

ますます広がっていくであろう「女性活躍推進」!素敵で先進的な取り組みを行う「メルカリ」「サイボウズ」の2社のお話をうががいました。それぞれの会社のユニークな人事制度と、そこから見えてきた女性活躍推進のヒントについてお伝えいたします!

育児は人類最大の仕事!

「育児は人類最大の仕事!」
これは、サイボウズ社長の青野さんの言葉です。
昨年の「企業の女性活用度調査2015」を紐解いてみると、
女性社員の活用を推進する組織やプロジェクトがある、と答えた企業の割合は53.6%!
2014年の調査では、42.9%だったので、女性活躍推進ムードは拡大するばかりだということがわかります。
女性活躍推進のために必要なのは、結婚・出産のライフイベントに対応できる会社であること!
これを革新的な制度で牽引しているのは、この2社ではないでしょうか。

お話してくださったのは、
サイボウズ株式会社で広報を担当、同社のオウンドメディア「サイボウズ式」の編集部員でもある渡辺清美さんと、
株式会社メルカリで労務を担当し、人事制度「merci box」を作った手代さやかさんのお二人。
では、その二社の取り組みをご紹介します!

cyboz

==========================
「Go Bold」思いきり働ける環境 <メルカリ>
==========================
2016年2月、中途採用を含め女性社員が増えていることから、長期的に就業しやすい環境を整え、
女性社員の産休・育休中の計8カ月間の給与を全額保障する人事制度の導入を発表したメルカリ。
メルカリの人事制度は以下の通り。

◎社員の家族を含めた環境の支援
・産産休・育休期間中の給与を会社が100%保障する制度(※復職後に賞与として)

・育児・介護休暇の有償化

◎万が一の時のセーフティライン
・病気やけがの時のサポート

・全社員の死亡保険加入(数千万円〜)

◎ライフイベントのサポート
・結婚休暇&お祝い金
特別有給休暇(5日間)とお祝い金(5万円)

・出産休暇&お祝い金
特別有給休暇(3日間)とお祝い金(10万円)

・慶弔時の支援
特別有給休暇(3日〜7日)弔慰金(5〜10万円)

「産産休・育休期間中の給与を会社が100%保障」は、ビックリするような革命的な制度ですよね。
またお祝い金の額も大きく、高額の保険加入なども、とても魅力的な制度です。
保障の方を強化したのは、「社員の不安」をできるだけ軽くして思い切り働けるようにしたい、
という会社の想いからだそう!

==========================
「100人いれば100通りの人事制度があってよい」<サイボウズ>
==========================
時代を先取り、働きやすいしくみを実践し続けているサイボウズ。
2014年には、「ダイバーシティ経営企業100選」受賞。
2016年版日本における「働きがいのある会社」ランキング(従業員100~999名部門)』の3位に選出されました。
代表の青野慶久さんが子供3人、3度の育児休暇を取得したことでも話題ですよね。
そんなサイボウズの人事制度は以下の通り。

◎最長6年間の育児・介護休暇制度

◎9種類から働き方を選択できる選択型人事制度

◎在宅勤務制度(2010年〜)

◎ウルトラワーク(雇用契約書に定められた時間・場所と異なる働き方を、“単発で”すること)(2012年〜)

◎育自分休暇制度

◎副業許可

◎社会に向けてワークスタイルを問いかけるコンテンツの制作
子育てをしながら働く女性のリアルな日常を描いたワークスタイルムービー「大丈夫」
http://cybozu.co.jp/company/workstyle/mama/

共働き夫婦の葛藤を夫の視点で描いた「声」
http://cybozu.co.jp/company/workstyle/papa/

「離職率 28%」というところから、この人事制度で「現在の離職率 4%」を実現したサイボウズ。
多様な働き方を実現するのに大切なのは「ツール」だけでなく「制度」「風土」だとお話してくれました。
このようにチームワークあふれる「会社」を創っていく姿が、
「チームあるところ サイボウズあり」をスローガンに
世界中のチームのチームワーク向上を目指す会社を体現しているなぁ、と感じました!

社員が働きやすいと会社が変わる。会社が変わると社会が変わる

cyboz3

こうした制度を導入した結果、たくさんの嬉しいこともあったようです。
まず、さきほどもあげた「離職率」。
メルカリは発表したてなのでまだ数字には現れていないようなのですが、
サイボウズは大幅に改善しました!
そして、応募率も上昇したそうです!

男性で育児休業を取得する者がでるほどの協力体制ができ、
社内お揃いのベビーウェアを両社ともプレゼントしているそうです。
会社でここまで出産を喜んでもらうと嬉しいですよね!

また、社外のイメージもよくなり、人事制度だけで社外セミナーをすることも増えたそう。
また、そのイメージが、自社サービスのイメージアップに繋がり売上アップの追い風になっているとか。

ここまで聞くと、「儲かっている会社しかできないのでは?」と思ってしまいそうですが、、、
この制度は経営コストの面でもメリットがあるといいます。
この人事制度を導入するまでは、
ノウハウをもった社員が出産で退職すると、優秀な人材がいなくなってしまい、
お金を払ってエージェントにお願いして採用〜育成するという流れでしたが、
この人事制度の運用をすることで、
ノウハウをもった社員が働き続けてくれ、新たな人材の採用コストや育成コストが削減できるため、
結果的にはコストがかからないのだそうです。

「採用と教育のコストをかけるのであれば働いてくれている社員に払いたい」とも仰っていて、
それが本当の会社の本音かもしれない…そう感じました。

年齢があがると変わる社員たちのライフステージ、その変化も受けとめ、
一人ひとりの社員が多様に自分らしく思い切り働ける会社が増えると
女性ももっと活躍でき、社会も変わるだろうなぁ!そんな希望を抱きました!

革新的で驚きと学びが大きい会でした。
一人ひとりに寄り添い、スタッフを大切に扱っている2社。
参加者のみなさんも、社会を変えようとする意欲のある方たちが参加してくださった時間でした。
会社から広がる、この取り組みを社会に拡げていきたいですね!

cyboz2