ワタシクリエイトCAMP 2016 Spring

Atlya BLOG,

~自分の生き方・働き方を自らクリエイトする4日間~
『ワタシクリエイトCAMP 2016 Spring』

会 期:2016年3月20日(日) – 2016年3月23日(水)
時 間:11:00 – 21:00 CUBEのみ最終日~19:00
場 所:8COURT/CUBE
料 金:CUBE内入場無料 (※トークイベント/ワークショップは事前申込有料)

事前申込先掲載サイト:http://atlya.jp
※トークイベント/ワークショップのみ要事前申し込み
イベント公式サイトのワークショップページからお申し込み。
peatix決算かメールにて申し込み
<イベントオフィシャルサイトはこちら>http://atlya.jp/watashi-camp/

主 催:アトリア 株式会社エモーヴ

camp_atlya
Atlya(アトリア)は自分の生き方を自らクリエイトしたい人のためのコミュニティーです。
そのことを総称して[ワタシクリエイト]と呼びます。
そんなAtlyaがおとどけする今回のテーマは「生き方・働き方」です!
自分の「本当の自分の幸せ」「自分らしい働き方」ってなんだろう?って、
私たちと一緒に、“頭”と“心”と“身体”で考えてみませんか?
答は全てあなたの中に……

「自分と繋がり輝きながら生きる女性が増えれば、社会はもっとステキになるのではないか」と
アトリアは考えています。

4日間、女性が自分の幸せの形や「生き方・働き方」について考える事ができるような
・ママ向け
・キャリア女性向け
・全ての女性向け
の視野が広がるトークイベントやワークショップ、展示を取り揃えました!

あれこれ、やみくもに走る前にいったん立ち止まる時間を持ってみませんか?

●ワタシを見つめ、ワタシを生きる人のためのトークイベント
●ワタシクリエイトな作家、クリエイターのよる展示
●ワタシを生きる上で豊かな暮らし/スマートなアイデア/ママを支えるサービス の紹介ブース
●ワタシクリエイトな本と映画との出会いのブース
●テシゴト系・親子向けワークショップ
camp_atlya-2

【トークゲスト詳細】

<21日>
★11時〜12時
HASUNA代表取締役 白木夏子「自分のために生きる勇気を持つには?」
参加料:¥3,000
http://ptix.co/1LZr9sP
★13時〜15時
大塚製薬株式会社「女性の活躍と健康」
無料!(お土産付き)
http://ptix.co/21isAcB
★16時~17時
ベンチャー企業女子×Atlya 「あなたの『ワタシクリエイト』を考えよう」
参加料:¥1,000<ワークショップ>
http://ptix.co/1RNXmHV

<22日>
★11時〜12時
4コマ漫画エッセイスト・作家 ヒビノケイコ「地方&二拠点居住のクリエイティブライブ」
参加料:¥3,000
http://peatix.com/event/152064
★15時〜16時30分
マハリシ南青山プライムクリニック院長 蓮村誠「『男性を生きる』『女性を生きる』」
参加料:¥3,000
http://peatix.com/event/152075
★19時30分〜21時
UPQ CEO代表取締役 中澤優子「クリエイティブに女性を生きよう」
参加料:¥3,000
http://peatix.com/event/153588

<23日>
★11時〜12時
バースコーディネーター 大葉ナナコ「ライフ<バース>ワークバランス いのちの素晴らしさと、しあわせ育児」
参加料:¥3,000
http://peatix.com/event/152712
★13時〜14時30分
ファイナンシャルプランナー 高山一恵「あなたのライフ&マネープランを作ろう」
参加料:¥3,000
http://peatix.com/event/153585
★15時00分〜16時30分
自由大学チーフキュレーター 和泉里佳「『好きを仕事で社会に役立とう!』トークセッション」
ブラウンシュガーファースト 荻野みどり
社会派レシピスト サカイ優佳子
参加料:¥3,000
http://peatix.com/event/153806
★19時30分~21時
サイボウズ株式会社&株式会社メルカリ「ユニークなアイデアで女性活躍を推進しよう!」
参加料:¥2,000
http://ptix.co/1pr6edr

【ワークショップ詳細】

<20日>
★11時30分~13時
着物のウッドビーズ作家 yumiutsugi bead works「きもののお話とあづま袋づくりワークショップ」
参加料:¥3,500
http://ptix.co/1SrGskB
★13時30分~15時 
FabCafe Tokyo「FabCafe presents テクノロジーで楽しく学ぼう!」
無料
http://ptix.co/21Lysxa

<3/21>
★11時30分~13時 
恵比寿mint「ターバンを使ったヘアアレンジ」
参加料:¥1,000
http://ptix.co/2247UHM
★14:00~15:00
インタープリター恩田幸昌「森の自然遊び教室」
参加料:¥1,500
http://ptix.co/21iPxfR
★17時~19時 
土屋志帆(Work & Life coaching)「仕事旅行社「アシュラワーカーになる旅“あなたらしさ”のファシリテーション。自分らしい働き方を見つける」」
参加料:¥7,840
https://www.shigoto-ryokou.com/detail/330

<3/22>
★13時〜14時
一般社団法人 ドゥーラ協会「ママの心強いサポーター産後ドゥーラのお仕事〜」
無料
http://ptix.co/2247yAY
★14時〜15時30分
Atlya「ワタシ⭐︎クリエイトサロン〜ママ・プレママ向け〜」
無料
https://www.facebook.com/events/728977650572217/
★19時30分〜21時
MotionGallery「夢を叶えるクラウドファンディング☆ガチ質問会!!」
参加料:¥3,000
http://ptix.co/1oEk2k2

<3/23>
★11時30分〜13時
「タッセルアクセサリーづくり」
参加料:¥2,500
Bijouterie323 徳江光美
http://ptix.co/1RNWanQ
★13時〜14時
一般社団法人 ドゥーラ協会「ママの心強いサポーター産後ドゥーラのお仕事〜」
無料
http://ptix.co/1QIcEz2
★17時〜18時
自由大学「出張自由大学」
参加料:¥2,000
http://ptix.co/1pvfi0K

camp_atlya-3

【ワタシクリエイト展 出展者】

・Bijouterie323 徳江みつみ
・aillugibまつしたあつこ
・CRUNCH TIME 杉野未佳

【ワタシクリエイトな一冊に出会う本屋】

・天狼院書店

協賛企業:大塚製薬
協力企業:株式会社ロフトワーク、Money&You

イベント公式サイト:http://atlya.jp/
お問合せ先:アトリアイベント事務局 manabi(@)atlya.jp

アトリアがずっとメッセージしている「自分の生き方を自らクリエイト」というスタンス!自分の幸せって?自分の望む働き方って?そんなこと明確に言葉にできない!!そう感じている人、そして女性にもっと活躍し欲しいと願う企業の方、パートナーにはいつも輝いていて欲しいと願う男性!ぜひどちらかに参加してください!ワタシを生きる1歩を踏み出す機会にしてもらえたら幸いです

Print

ワタシクリエイトInterview プラントハンター西畠清順さん

Atlya BLOG,

01

ヒュッテアトリアにプラントハンターの西畠清順さんをお招きして、エモーヴ代表の井尾さわこがアトリアメンバーと一緒に生き方や働き方についてお聞きしました。

井尾さわこ(以下、井尾):清順さんは最初から植物の仕事をしようと思っていたわけではないそうですが、そういう、大きなきっかけを作れる場というのはとても大事ですよね。アトリアとしても子供と植物が関わる場をつくりたいと思っていて・・・。子供が楽しいことをお母さんも楽しめる場であり、お母さんが楽しんでいる姿を子供が見られる場、それがアトリアらしいと考えています。

西畠清順(以下、清順):いまは自分の会社を見ていても女性の時代だなって思うんです。女性の方が意欲的で元気なんですよね。問題意識も責任感も強くて、それを見るとこれから世の中を引っ張っていくのは女性なのかなと思う。アトリアさんを見たときに、女性が輝くヒントを得られるのかなと思いました。
最近女性の力が大きい。自分の会社でも20人いる社員の半数以上が女性で、男性は6、7人程度。僕の代わりに動いてくれる人だったり、温室の管理をするひとだったり、社員食堂には食事を作ってくれるおばちゃんもいます。

アトリアメンバー(以下、メンバー):食堂いいですね

清順:いいですよ。社員が仲良くなるのにいい。男性は外の仕事が多いからあんまり利用しないけど、女性は農場や温室まわりの仕事が多いから食堂で机囲んで食べるんです。その日たまたま来ていたお客さんをぼくがむりやり連れて行ってコミュニケーションをとる。著名な方だったり農家の方だったり、いろんな人が来るけどみんな同じように食べるのがいい。女性はそういうのが上手いですよね。

02

井尾:アトリアに関わる女性。アトリアのメンバーの方々とは一緒にいろんなことができると思う。まだ構想をみなさんに説明できていないので、まだまだこれからですが。プロジェクトを少しずつ共有することで、これからいろんなことを読者メンバーと共有したい。女性を幸せにすることで家族が幸せになって、それが社会をより良くして、みんなを幸せにすることなんだよということをもっと伝えたい。そのためには新しい形の何かを作りたい。クリエイティブな人がきちんと経済活動に参加していることが大切。それをアトリアがきちんと体現することで世の中に伝えたい。HOW toではなくそれを自分でつかみ取ってもらうためのプラットフォームを作りたい。いまはまだ模索中ですが。

清順:ヒカリエのイベントはそういう意味ではわかりやすくていいですね。

井尾:これからは、プロがプロでいられる学び舎を作りたいんです。女性は結婚や出産でキャリアをリセットしてしまう。そうではなくて、育休中の女性が何かを学んで次のステージに進めることができる学びの場を作りたい。そこで清順さんに、生き方を軸にした講演なんてしていただけると嬉しいな。

清順:代々木ヴィレッジで開催できたらいいですよね。あそこは発信力があるし、外の空間が気持ちいいじゃないですか。あそこは世界中の植物が仲良く暮らしている世界観というテーマと、もう一つ季節感を出しています。こないだ植物の入れ替えしてくださる人を一般の人にやってもらおうと公募したら、すぐにいっぱいになりました。芝生を自分たちではったり、園芸の先生を呼んで作品を作ってもらったり。その中には著名な雑誌の編集長さんがいたり、日銀のお偉いさんから普通の方まで植物好きな人が集まって嬉しそうに作業してくれました。そして最後はみんなでカレーを食べる。みんなカレーに騙されてただ働かさせられてるだけじゃん(笑)、という感じですがみんな楽しんでくれて。とくに植物じゃなくてもいいと思うんです。実験的に町づくりをしている場なので、いろんな方が関わっていいと思う。アトリアさんもワークショップや作品展をしてみたら面白いと思います。

井尾:アトリアに関わって参加してくれている方の課題は、半径3メートル以内の人にしか作品を見てもらえない。それがアトリアというコミュニティを介することによっていろんな人に見てもらえるようになった、という声はいただいています。例えば代々木ヴィレッジでのイベントがそういう方を応援してくれるようなものになるといいな。作品作りしている人はみんなすごく真面目な方ばかりで、経済的な豊かさより、好きだからやっている方ばかり。その方のために何かしたい。ヒカリエでのイベントでは終わり間際に飛びこんできてくださった方がいたり。ここにくれば何か見つかるんじゃないかって、ワタシクリエイトに期待してくれている方が増えてきたと感じています。

清順:代々木ヴィレッジが出来て2年半なんですよね。そこから爆発的に会社の環境が変わった。もともとは卸業だから会社の名前が出ない仕事ばっかりだったけど、少しずつ名前が出るようになったら本当に変わった。やっぱり場って大事だと思った。あそこは勝手に肖ってねっていうスタンスだから、なんでもやってみたらいいと思う。来年の春くらいがいいんじゃないですか。

メンバー:これまでもプラントハンターの仕事をされていて。代々木ヴィレッジに事務所を構えてからもお仕事は変わらないんですか?
05
清順:20代くらいから自分の事務所は構えようと思っていた。ずっと卸業だったから名前がでない仕事だった。それが段々つまらなくなってきていたというか、ガーデンデザイナーなどのプロの方に材料を卸す仕事の枠に自分がおさまらなかったんでしょうね。若い頃は自分の名前が出たら爆発的に売れるはずだと思っていた(笑)。それまでは一見さんお断りの閉ざされた世界だったので。
ずっと東京に事務所を持ちたかったから、そのタイミングで代々木ヴィレッジに事務所を構えた。そこからメディアにも出始めて爆発的に環境が変わりました。メディア関係の露出はだいぶ精査していますが、仕事自体はよっぽど違うなと思わない限り、出来る範囲で受けています。

メンバー:タイミングの取り方とかはクリエイターさんに教えてあげたい。そういうのがわからないから怖がってしまう手仕事系のクリエイターさんが本当に多いと思うので。

清順:アトリアから巣立っていって「今俺こんなになってんで~」っていう方がでると面白いですね(笑)。

メンバー:やっとウェブの中から飛び出してリアルな場作りができてきたので、これからが本当に楽しみです。

清順:それこそ代々木ヴィレッジを使うといい。クリエイターさんを呼んで人脈作りができるようなパーティをやってもいいし。

井尾:わたしたちも植物系のコンテンツ作りには興味があります。ヒカリエのイベントでは、仲間の生態系観測のメンバーが渋谷の街の生態系を見てみよう!というワークショップを開催してくれたり。

メンバー:海外にもよくいかれるんですよね?

清順:海外にもクライアントができてきたのでよくいきます。フランスのアパレルブランドだとか。日々、お客さんの要望にどうやったら応えられるかを考えている。そうすると、いろんなところから紹介の嵐がやってきます。基本的にはあまりメディアの情報を信用していない(笑)。仕事になったらいろんなことを考えます。
「そらの植物園」に来ていただいけたらご案内しますよ。

メンバー:一番好きな植物は何ですか?

清順:さくらが好きです。御車返(みぐるまがえし)が好き。会社に桜が見れる丘を作って、御車返を植えました。そこで花見ができますよ。桜にはカリスマ性がある。桜が咲きそうになったら日本全国が沸き立つじゃないですか。モクレンやシャクナゲじゃそうはいかない。

メンバー:小さいころから植物に触れていたのですよね?

清順:小さい頃から植物に触れてはいたけど、全然興味がなかった。21歳までは全然。いまでは桜の花を見ただけで種類がわかるようになりました。そこまでわかる人間は日本ではそんなにいないです。小さい頃といまの触振れ幅がすごい。

メンバー:家業をつぐきっかけは?

清順:小さいときから家族だけで食卓を囲むことがなく、いつも家族+泥だらけの職人さんがいました。それがおとこの世界っぽくてよかったんです。

メンバー:(そういう背景から)こども向けのイベントも手掛けられるのですか?

清順:一つは赤坂サカスでママサカスというイベントの依頼で芝生スペースを作りました。木のボールでボールプールを作ったり、はがきの木を植えたり。3週間で40万人来てくれて大盛況でした。そこは評判がよかったんです。NHKの「ようこそ先輩」という番組では、母校に帰って2日間小学校の先生になりました。最後に生徒と別れる時には号泣してしまって。後日、5年生の子たちがぼくのために音楽会を開いてくれました。僕の農場にきたらこどもたちが大喜び。収集がつかなくなるくらい大騒ぎしたけど、みんなで作業して面白かったですね。

【清順さんお仕事紹介の写真】
03

いつかは学校というか塾をやりたいんです。植物を触りながらみんなで語り合うような。園芸学校やらないかと言われたり、奇跡のりんごの木村さんと農場をやりませんか、などいろいろなところからお声がけいただいている。漠然とした構想はあるけど、目の前の仕事に追われてなかなか実現できていないけど、今後はぜひ取り組みたいです。

04〈プロフィール〉
西畠清順/にしはたせいじゅん
明治元年より150年続く、花と植木の卸問屋「株式会社 花宇」の5代目。
日本全国・世界数十カ国を旅し、収集・生産している植物は数千種類。日々集める植物素材で、いけばな・フラワーデザイン・室内緑化・ランドスケープなど国内はもとより海外からのプロジェクトも含め年間2000件を超える案件に応えている。
2012年1月 ひとの心に植物を植える活動である、“そら植物園”をスタート。
様々な団体・企業・個人と植物を使ったプロジェクトを多数進行中。

サイボウズ式にならえ!小さな会社にもフレキシブルな働き方を

Atlya BLOG,

01

女性が社会で活躍するためにはライフステージに合わせて働ける環境が不可欠と考えてヒュッテアトリアを立ち上げた株式会社エモーヴ(以下、エモーヴ)代表の井尾とメンバーがサイボウズ株式会社(以下、サイボウズ)にお邪魔してきました企業ブランディング担当の渡辺清美さんに多様な働き方で社会にインパクトを与えているサイボウズのあれこれをお聞きしました。

「信頼」という人事評価からなる多様な働き方

05サイボウズでは時短や残業の有無などの業務量、オフィスに出勤するか自宅かなどの場所の組み合わせで9種類もの働き方があり、ウルトラワークという時間や場所にとらわれない勤務スタイルは一日単位で導入できるようになっています。それだけ多様な働き方があるのならば人事制度もさぞ複雑なのではないかと思いきや、評価は「信頼」をベースにしているのだそう。ありそうでなさそうな「信頼」という評価軸。細やかな制度も、社員一人ひとりへの信頼があってこそ成立しているということがうかがえました。これはエモーヴも早速検討しなければ!

また、面白い取り組みとしては、育自分制度という転職や留学など自分を成長するために一度会社を離れても6年以内は受け入れる出戻り制度や、副業OKの制度もありました。今はまだ無いけどあったらいいな、ということを積極的に形にしていく企業風土はエモーヴにも通ずるところがありました。

組織づくり、仕組みづくりはすべて試行錯誤

0307でも、なぜこれほどに柔軟な働き方を用意することになったのでしょうか?それは、2005年まで遡ります。現在の青野社長が社長に就任した2005年、サイボウズの離職率は28%ととても高かったのだとか。意外ですね。そこで、まずは居続けてもらうための制度を作らなくてはと思い、社員の意見を取り入れながら今の形を作ったのだそう。何かを変えるにはそれなりの期間がかかりますよね。それを途中であきらめずコツコツと試行錯誤を繰り返して今があるのですね。

サイボウズあれこれを使ってみた

02さてさて、あれこれいろいろな働き方をご紹介していただきましたが、それはサイボウズが提供するグループウエアの活用があってこそ。早速、私たちもサイボウズを使ってエモーヴらしい働き方を構築しなければ!

ということで渡辺さんに手ほどきをいただきながら、クラウドで情報を共有できるサイボウズOffice、kintoneを使ってみました。

井尾:サイボウズOfficeはあらかじめいろいろな機能がついていて始めやすそう。

渡辺:そうですね。スケジュールや電話メモ、掲示板、ファイル管理など基本的な機能が揃っているので、すぐ使い始められます。サイボウズOffice のカスタムアプリという機能やkintoneは、業務に合わせ様々なアプリを作るとこから始めます。テンプレートもあるので、わりとすぐに使うことができます。

メンバー:テンプレートには、見積りや請求書もありますね。バックオフィス系の業務もはかどりそう。

渡辺:はい。顧客や案件の管理にも使えます。承認フローも設定できるので経費精算にも便利です。弊社でも総務や情シスなど社員の問い合わせが多い部門は、よくある質問をまとめ検索できるようにして業務を効率化しています。

メンバー:これは便利そう!

井尾:アイデアをディスカッションしたいときはどうしたらいいのかな?

渡辺:サイボウズの製品は、様々な機能にディスカッションの機能がついています。SNSに書き込むような感じで、気軽に意見を交わせますよ。kintoneは、社内だけでなく社外の方とのやりとりにも使えます。

井尾:案件ごとに違うメンバー構成で情報共有できますね。

渡辺:そうなんです。

井尾、メンバー:使い方次第である程度何でもできちゃうんだ!まずは使ってみましょうか!?

エモーヴでは翌日からkintoneを導入しました!

06さっそくkintoneを使ったところ、伝えようと思って抜けてしまった事やプロジェクトが錯綜してしまいやすいところが使用1週間で、明らかに改善されています!引き続きkintoneを使って、多様な働き方を受け入れられていきたいとおもいます!

スクリーンショット(2014-11-07 21.47.55)※無料のアプリケーションを反映し、使用スタート!

担当いただいた渡辺さん。子育てしながらも充実したお仕事生活を送り輝いていらっしゃる理由が、はっきりとわかりました!9つの働き方が選べ、場所に関わらず仕事をしていても信頼度で評価されるという社風。。。私もそんな人間らしい評価基準をつくれるような企業を目指したいと思いました。まずはkintoneでコミュニケーションを多く取れるよう改善していきます!井尾さわこ

ある日のアトリア5 =自分へのご褒美編=

Atlya BLOG,

museco自分へのご褒美表紙

アトリアのお買い物

アトリア編集部ではお仕事柄パソコン作業が多いので、お買い物も度々、休憩中に、スマホやパソコンで済ましています。
今日のアトリアミッションは“年末ぐらいいんじゃない?自分へのご褒美”です。
度々お買い物している“MUSE & Co”さんでの買い物風景第二弾レポです。
アトリアでもワタシクリエイトでゲスト出演いただいたり、記事でもご紹介させて頂いた渡辺佳恵さんもキュレーションされているサイトなんです☆
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

MUSE & Co”さんは、いわば、Web版会員制ファミリーセール型ライフスタイルショップなんです。
一個一個販売期間が決められていて、期間限定のセール価格になっています。期間が終わったら発送というシステム。すぐに届くという訳ではないけど、その分安くて、だいたいが50%off以上なんです!
ファッションにとどまらず、雑貨やコスメとにかく種類が豊富で、チェックする度に新しいブランドが更新されているんで、ついつい見ちゃうんです!(物欲のスパイラルにはまらないようにしないと!)
会員登録もメールアドレスを登録するだけの簡単登録なのでお買い物に活用してみては?

いつも事務所に届けてもらうので、気がついたら届いていて、なんだかプレゼント気分。ご褒美感満載です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今回の戦利品1・ファーマフラーでNYへの旅支度

スヌードmuseco今回、アトリア企画・いろんな偵察も兼ねてNYへと旅立つことになりました。(後日レポ記事アップします☆)
・・・・が「NYって極寒の時期だよね?」
ということで、寒さ対策マフラーを購入。

もこもこのスヌードが極寒から必ず守ってくれるはず!!

・・・・安くてあったかくて旅にすごい役立ちました!

(S子)「持っていってよかった=すごい寒かった=」

今回の戦利品2・寒い時期、出不精になりがちな私への小さな幸せ

キャンドルmuseco

ついつい寒いとこもりがちの私ですが、だからこそお家の中を快適にしたいんです。

今回はキャンドルを購入。
「ANIER」の「ソーヴィニヨン ファイヤープレイスキャンドル」です。

ウイック部分が木になっていて[パチパチ]と木のはぜる音が聞こえるんです。白樺暖炉のウッディな香り。
ぼ〜っとキャンドルの火を眺めるだけの何にも考えない時間・・・。
ちょっとお値段はするけど、香りも演出も文句無し満足です。

(M子)「自然の香りがする・・・癒される=」

今回の戦利品3・アトリアっぽいブランド発見しました。即決!

ネックレスmuseco
siki × TOKYO(シキ×トウキョウ)のネックレスをゲットしました。

二十四期もの季節を持つ日本人の「類稀な繊細さ」「美意識」「伝統」「技術」を表現のベーシックに
「旅&文化や風習」をモチーフにデザインしたハンドメイドジュエリーブランドです。

コンセプトがとっても[アトリア]っぽい★と思うんです。・・・で、即決しました。

(k子)「ターコイズがゴールドによって大人な雰囲気になるとこがイイ!」
siki × TOKYO

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

アトリアコーディネーターさんもお買い物★

hiromuseco
アトリアコーディネーターでもある、ダンサー・坂本博美さんもMUSE & Coでお買い物☆
博美さんらしいセレクトですごいお似合いですよ===☆

坂本博美「変わったデザインがすき。
素材やデザイン、機能性、充実してます。」

今回お買い物したサイトはコチラ→MUSE & Co

皆さんにアトリアをもっと、身近に感じてもらえればと思いますので、
今後もアトリアの何気ない日々の中の、オススメのモノだったり、やってるコトだったりを紹介していきますね。

ワタシクリエイターのためのシェアオフィス・コワーキングスペースレポート国立市谷保[やぼろじ]

ワタシクエイエイターのためのQ&A,

yabo

国立市谷保に、なんだか懐かしさも感じるステキな空間やぼろじというコワーキングスペースがあります。都心からちょっと離れた憩いの場。
今回はやぼろじの発起人でもある[WAKUWORKS]代表和久倫也さんと、併設のカフェ[やまもりカフェ]を運営されてみえる大久保久江さんにお話を伺いました。
改めて考えさせられる貴重な時間を頂きました。・・・・ほっこり。

やぼろじの軌跡・・・人と人とのつながり

yaborozi話
A.どうやってやぼろじができていったのですか?

和久さん:
学生時代からなじみのある谷保。
草木が生い茂って鬱蒼としていた約320坪もの放置されたこの場所に魅力を感じ、“何かできないか”と感じていたすがいまゆみさんからの相談がきっかけで、地主・職人・学生・子どもたちの協力頂き、荒れた畑を耕し、母屋やお庭の手入れと改修工事を開始し始めたんです。
ワークスペースには普段お世話になっている職人さん等、まわりの人たちに声をかけ、やまもりカフェの大久保さんとは[木で鉛筆を作るワークショップ]がきかっかけで意気投合。
今では欠かせないやぼろじの一員になりました。
メンバーが集まり、コワーキングスペースとしての機能は果たせましたが、やぼろじは入居者だけで完結しません。
地域の人達や訪れてくれるお客さん達によってやぼろじは大きくなってきたんです。

交流会やボランティア活動によってやぼろじというコミュニティスペースがどんどん改善されていき、[※この日は、庭のお手入れを、メンバーのガーデンデザイナー長阪さん指導のもと、ボランティアスタッフさんによってキレイにお手入れされていました。]ワークショップに参加された方やカフェに訪れた方達が口コミで広めていってくれるんです。お客さんがお客さんを呼ぶんです。
・・・・・みんなでどんどん育てていくといった感じです。

大きな敷地には大きな庭。裏庭にはイングリッシュガーデン。敷地から少し離れたところに農園もあります。自然に囲まれて、四季を五感で取り込める空間。
yaboroji庭

現代の実用性に生まれ変わった蔵・・・。古きを大切にしながらも、現代に合わせて再生されるもの
yaborojikura

A.皆さん同士は普段どのようにして関わってらっしゃるんですか?

大久保さん:
2ヶ月に1回入居者ミーティングがあり、お茶の間で交流しています。
やぼろじ全体の小さな事も皆できちんとシェアするんです。
また、職種は違うけれど、困ったときにアイデアを聞いたり。。。いい意味で刺激しあってます。やりたいことも明確なのできりこんでいけるし、相乗効果を生んでるんですね。

その反面、仕事に対しては、みんなが自分の仕事で精一杯なので、利害関係が生まれないんですよ。
適度な距離感とコミット感を皆自然と保っているからこそ、心地よい空間になっているんだと思います。

カフェの存在

やまもりごはん

大久保さん:
煮詰まった時とか、お昼やお茶に[やまもりカフェ]にやってきます。そうすると、誰かが必ずそこにいるんです。そういう場所があるというだけで安心するんですよ。
もちろん[食]が地域の人たちや訪れてくれる人達を繋いでいくきっかけにもなってるんです。

食べることって本当に大事ですよね。

自然のあるところは解放されていてそのままでいいよと言われている感じだけど、
それがないなら、ご飯から自然を感じる!
日本人の中には必ず日本人のDNAがあってどこかで懐かしんだり感じたりするんだと思います。

一緒に働く人に求める事

やまもりスタッフ
もちろん一緒に働く人たちは自然由来のものだという事をちゃんとわかっている人たちが集まらなといけない。。。
私の場合は[食]に対してですが、基本どんな職業でも理念に感動した人たちが働くのが大事と思っています。
自分がしっかりとした理念を持って行動していれば自ずと周りに賛同してくれる人を呼び寄せていけると思うんです。

集合どこか懐かしく、ゆるやかな時間の流れにいながらもながらも、
個々にアクティブに活動されている、メリハリさが心地よく感じました。
そしてコミュニティの大切さを改めて実感する取材となりました★

 

様々なワークショップも開催されてみえますので、是非サイトもチェックしてみてください。
yabology
なにより絶好のロケーションで頂くご飯が美味しい!
やまもりカフェ
住所:〒186-0011 東京都国立市谷保5119 やぼろじ
※JR南武線「谷保駅」北口より徒歩5分
TEL 042-505-4034
open 11:30~15:00(木曜定休)

ワタシクリエイトのための自分軸足マネープラン レポート

ワタシクエイエイターのためのQ&A,

Exif_JPEG_PICTURE

あのFPwomanさんのマネープラン講座をアトリアでも開催

ワタシクリエイトのためにお金のこと!?
アトリアに読者登録してくださる方や、メンバーは皆さん前向きで意識の高い女性が多いようです。夢は大きく、ポジティブ!
ですがその夢や目標を現実に実現していくためには当然「お金」のことはつきまといます。またプランニングがしっかりしていれば万が一の時も安心。
今回は編集部やコアメンバーが自ら勉強してきたことをレポートします

あらためて講師紹介!

s_takayama講師:FPwoman 高山一恵
ファイナンシャルプランナー (CFP資格取得) 
株式会社エフピーウーマン取締役

2005年女性FP仲間と共に、女性による、女性のためのお金のクリニック株式会社エフピーウーマンを立ち上げる。現在、多くの女性に向けて、自分に軸足を置いたマネープランを普及させるべく、講演、個人マネー相談、執筆など精力的に展開している。わかりやすく楽しいと評判のセミナーとフレンドリーな性格を生かした個人マネー相談は、リピータ続出の人気ぶり。「FRaU」「oggi」など、女性誌連載多数。
著書に「35歳までにはぜったい知っておきたい!お金のきほん」(アスペクト)などがある。

夢は大きいし、明確!
でもお金のプランニングもしっかり練れていますか?

今回のセミナーはアトリアの運営に何らか関わってくださる皆と一緒に、まずは自分達から!ということでセミナーを開催してもらいました!
当初の皆さんの参加動機はこんな感じ!
fp-kansou

一般の多くの女性が漠然とした不安をかかえた人が多い!
ただやみくもに悩むのではなく、まずは現実的な情報を知ろう

Exif_JPEG_PICTURE
財政赤字が続き債務残高が増加している
少子高齢化社会
シングル女性の3人に一人は年収113万円!?
老後までにいくら貯める必要があるのか?

 質素ー2,000万
 ゆとりー6,000万くらい?
 最低3,000万くらいためよう。。。

続々と怖い話しが続きます
というか、これが現実の数字というもの・・・
あまりにも直面したくないような内容に、どんどんテンションが低くなる皆。

こんなにも先のことを想定して、また万が一のことを想定しておくことが大切だったとは!!

セミナー後、一度落ちたテンションも何処へ?逆に更にやる気がみなぎった!?

fp-kansou

上手に活用したい保険!窓口や相談できる場所をご紹介!自分に合った手段を選んでみては?

【窓口系】今回うかがった 女性のための女性によるお金のクリニック FPwoman

【情報系】多数の保険の情報を一括で請求できる、便利サービスサイト
保険スクエアbang!生命保険

【保険】万が一の対策はやっぱり保険!
保険マンモス「生命保険・医療保険」

【保険】大切な家族の保険も自分の保険も見直したい!
損保ジャパンDIY生命

ある日のアトリア3 =冬じたく編・2=

Atlya BLOG,

kobako

アトリアの共有グッズ箱・・・アトリアのコバコ

アトリア編集部では“オフィス生活を快適に!そして冬支度を!”をテーマに快適オフィスライフを送るために寒さに弱い女子達の冬じたくを追求する日々が続いています。
[冬じたく編・1]
今回はアトリアのコバコと名付けたみんなが使える小箱のご紹介です。

小箱の中身は・・・?

アトリアのコバコの中身は様々・・・。小腹を満たすお菓子だったり、付箋、マスキングテープ、アロマなどなど。
そんな雑多なアイテムが納められています。。。
kobako2
アトリアのコバコに冬じたく用ハンドクリーム、ルナ&マーズ・ナイト」イベントにちなんだ、月のリズムに合わせて飲むmoonteaパック、今アトリアではまっているマヌカハニー・固形ハチミツがあらたに仲間入りしました。

ハンドクリーム
“シンシアガーデン”は、ナチュラルローソンなどでよく見かけるシャンプー凛恋(rinRen)が有名な会社です。
青山にもかわいいカフェがあり[カラダにやさしい]ものが食べられますよ==☆
今回は、シンシアガーデンのMAMABUTTERのハンドクリームを冬支度アイテムとしてチョイスしてみました。
シアバターで肌にやさしいハンドクリームです☆[※ついでに個人用リップクリームも・・・]

マヌカハニー・固形ハチミツ
アトリアの心とカラダのきれいのもとをお届けするサイトきれいのモトココカラでもお届けします、マヌカハニーです!
マヌカハニー・固形ハチミツは100%マヌカハニーの固形物で、風邪予防にもピッタリ☆自然派のど飴感覚で、すごい美味しくて、今アトリア内でブームまっただ中です。

とりあえず、みんなで試す。。。

商品が届いたり、各自持ってきたものはなんでもとりあえずみんなで試します。
感想を言い合って、参考にします☆
kobako5
「・・・ハンドクリーム保湿力高そだね。」
「・・・相当だね・・・」

マヌカハニーも。。。。
「・・・カラダによさそうなのに美味しいね。」
「・・・はまる・・・」

kobako6今回お取り寄せしたハンドクリームはコチラ→MAMABUTTERシリコン、パラベン、合成香料・着色料フリーの無添加処方で、赤ちゃんから大人まで使えます☆セットで買うともっとお得ですよ!

皆さんにアトリアをもっと、身近に感じてもらえればと思いますので、
今後もアトリアの何気ない日々の中の、オススメのモノだったり、やってるコトだったりを紹介していきますね。
そんな、何気ない日々の中に、気付かされるキーワードが隠されている気がするんです・・・・。

ワタシクリエイターのためのシェアオフィス・コワーキングスペースレポート

ワタシクエイエイターのためのQ&A,

Exif_JPEG_PICTURE

赤坂にある「Hatch Cowork+KIDs」 ディーラーというお仕事が本業の片山勇志さんが運営するハッチは、キッズルームを完備したコワーキングスペースです。
その空間はなぜかインターナショナルスクールのような空気感!
なぜ、男性でありながら、子育て支援に携わっていらっしゃるのか深層をおうかがいします!

男性でありながら、子育て支援に携わっている理由

A:何故、ご自身でキッズルーム付きのシェアオフィスを作ろうと思われたのでしょうか?

片山さん:もともとインターナショナルスクール出身、そこからのルーツであるのかなぁと思うのですが、女性も男性も同じ土俵にいるという感覚があります。
自分の母親も働いていたし、日本の働く場所に対してそういう働き方も良いのではないかと捉えていました。
日本の国のこれから、女性の働き方を変えていかないと子供の将来はどうなってしまうんだろう…と。
息子の誕生により、将来を考えた時に、海外での生活という選択肢もありましたが、そうとはいえ、自分の育った環境はこの日本という場所だという想いがありました。

労働人口をあげていく事が重要だという社会への問題意識もありました。
今後、高齢者、障害者、移民、女性に対しての対策ができないと乗り越えられない壁にぶちあたるのではないかと考えていました。

壁は意識の壁であるということ、目の前の問題、意識ならどうにかかえられるのではないか?自分には何ができるのか?と考えるようになりました。
そんな時、ご自身の会社のビルに空きが出て、その考えをまとめ、日本と海外の起業家へ意識の問題を変えていくことをテーマにこのワーキングスペース構想ができました。

考えついてすぐ形をつくり、2ヶ月でOPENさせました。3ヶ月くらいは静な状態ではありましたが、
9月にハッチ祭りというイベントをつくって、そのイベントが話題になり、口コミで今は会員様が増えてきました。

会員様の属性は?

hatch-workspace
会員層は男性、女性50%ずつ海外の方も30%くらいで、不思議とご自身と価値観がにた方がいらっしゃるそうです。

空間は、会議室、丸い机を囲んだIDOBATA、フリーデスクスペース、キッズスペースで構成されています。

hatch-01
奥様はご自宅にいながら、海外のクライアントをもち、クリエイティブなお仕事をされているので、
週1回ご自身がお子さんをつれてきて仕事をするようにしているそうです。

お父さんの子連れ出勤いかがですか?

片山さん:父親との時間をもてるので、なついてくれますよ!父親と子供との関係性も良くなるのでおすすめです。
とはいえ、日本のお父さんは、社会のプレッシャーもあり、
育休も取れないなど頑張っていらっしゃいますよね、育休の取り方の問題も聞こえてくる
例えばお父さんの時短勤務もあったり、北欧では女性の社会参加率も高いように、
日本も男性の意識改革とともに、会社、社会、全体が変わっていかないとなぁ…と思います。

Exif_JPEG_PICTURE
子連れで仕事をすることについては課題もあります。
ハッチでは子供同志で一緒に遊んでくれたりするので、自宅で仕事をすると30%の効率だとすると、
50%の効率で働けるかもしれない、でも70%の力で働ける場所になることが成功だと、
女性スタッフの集中力や、効率の良さを検証しているところです。

今後は、人に心のゆとりをもってもらいたい、日本の和心を世界へ広めるような仕事をしていきたいと考えています!

男性でありながら女性の社会進出に寄与されている素晴らしい片山さんのお考えに感動しました。
ぜひ、一度おとずれてみてください!
住所:東京都 港区 赤坂4-9-25 新東洋赤坂ビル5階
お問い合わせ:TEL 03-3479-0073
受付時間 10:00~18:00(土・日・祝日除く)

次のバトンは 外苑前GINCO

女性のためのマネープラン講座を開催します。

ワタシクエイエイターのためのQ&A,

money2

あのFPwomanさんのマネープラン講座をアトリアでも開催

自分の生き方を自らクリエイトする女性
そんな女性像を描き、実現をしていくためには現実問題としてお金のことについてプランニングしていくこともつきまといます。
クリエイティブな仕事につかれている方の中には、どちらかというと「営業やロジカルシンキングが苦手だ」という声を多くききます。
そこで、今回お金の専門家であるFPさんに講師をお願いすることにしました!

FPwomanは女性だけのファイナンシャルプランナーで立ち上げた会社であり、FPwomanclubというファイナンシャルプランナーの全国ネットワークを形成されています。

ライフプランをたてよう

「パートナーに左右されない!ワタシクリエイトのための自分軸足マネープラン」
パートナーありきではなく 
自分はこう生きて行きたい!あなたはどう?
そういえる女性がまさに「ワタシクリエイター」だと思います。

ぜひこの機会に「お金のこと」=「自分の生き方をクリエイトすること」を
考えてみませんか?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
s_takayama講師:FPwoman 高山一恵
ファイナンシャルプランナー(CFP®認定者・1級FP技能士)
マネーマネジメントコーチ
DCプランナー

1974年生まれ。大学卒業後、民間企業にて経理事務を経験。ファイナンシャルプランナーの資格を取得したのを機にお金との付き合い方を広めることの魅力にめざめ、ファイナンシャルプランナーに転身。
「どんな状況でもやればできる」「夢を叶える方法は必ずある」ということをひとりでも多くの女性に伝えるべく、全国で講演活動に奔走している。明るく、親しみやすい性格を活かした講演はリピーター続出の人気ぶり。

■日本FP協会会員
■WAFP関東(女性FPの会)理事

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

開催事項 女性のためのマネープラン講座

開 催 日 : 11月5日(火曜日)
開催時間 : 19:00-21:00(お茶・お菓子)(19時10分前には来場下さい)
開催場所 : FPwoman
住  所 : 〒101-0032 東京都千代田区岩本町3-3-3 神田パークビル6F
体験料金 : アトリアメンバー3,000円 /一 般:3,500円事前お振込みとなります(お茶代込み)
※ Webにてメンバー登録をして頂いてから、ワークショップへお申し込み頂くと、アトリアメンバー価格でご利用頂けます。
メンバー登録はこちらから: メンバー登録

申し込み方法:申込1もしくはメールinfo@atlya.jpより 
件名:11月5日申し込み 本文:お名前、お電話番号、参加人数を明記の上お申し込みください

ワタシクリエイターのためのQ&Aでは、お金の事はもちろんワタシクリエイトしていくために必要な様々なジャンルをピックアップしていこうと思っております。
メンバーさんの疑問におもっている事、やってほしい事など、ご意見もお待ちしています!メンバー登録