コトのタグがついた投稿記事

TSUGUGOTO PROJECT VOL.2 常滑 番外編

tsugugoto,

番外編表紙1

日本の伝統工芸を新しい形で継承する「tsugugoto」

今回は新潟に引き続き第二回目。山源陶苑さんにお伺いするにあたって、その地域のイロイロなものを見て、聞いて、食べてきました。伝統を受け継いでいる所、単体を知っていくのではなく伝統を育んできた地域にまつわるエトセトラを感じとるというのがこのプロジェクトの大きな意味の一つです。常滑はもちろん経由先でもあるB級グルメのルツボ[名古屋]を踏まえてご報告します。今回もご当地の良い所、良い物、良い人・・・本当にステキな所でした。

常滑 やきもの散歩道

とこなめさんぽ
「美しい日本の歴史的風土準100選」(平成19年3月選定)にも選ばれた、常滑駅から徒歩で5〜10分にあるやきもの散歩道。迷路のようで、ノスタルジックな気分を味わえる異世界にトリップした様な散策でした。

とこなめさんぽ2窯場や高い煉瓦煙突、土管や瓶で埋めつくされた土管坂等歩いているだけでも充分楽しめますが、陶芸体験ができる施設やギャラリー、カフェ等が昭和中期の風情を活かし点在していて面白いです。
途中、ギャラリー兼常滑焼セレクトショップのmorrinaのオーナーさんとも知り合いになれ、熱い思いや楽しいお話を聞きました。
約2時間程の散策でしたが、満足☆
でも、もっとイロイロ何かありそう。。。次回はもっとのんびりとじっくりまわってみたいと思います。

常滑の急須

急須2人
常滑焼で使用される特徴的な赤土は、酸化鉄を多く含んでいます。酸化鉄を多く含んだ陶土は、お茶を淹れた時に酸化鉄とお茶のタンニンが反応して、苦味渋味がほどよくとれ、まろやかな味わいになるそうです。よって、昔から常滑=急須がたくさん生産されてきたそうです。
今回、山源陶苑さんのご紹介で急須作り一筋で技術を受け継がれている玉光陶園を見学させて頂きました。

伝統工芸士でもある梅原廣隆さん[写真右上]。(左は継承者の息子さん)
人としても、スタッフ達もいっきにファンになるくらい魅力のある方で、とても丁寧に説明・実演してくれました。パーツごとに何個かまとめて制作していくらしいですが、ものすごい早さと正確さで、あれよあれよという間に、4組の急須パーツが揃いました。っす、すごい!!
【カラダが自然と覚えている】風景を目の当たりにし、感銘を受けました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ななちゃん←←←←←名古屋のシンボル?ナナちゃん。
新幹線口から歩いて三分程のところにある大マネキンです。縮尺は左図通り。。。。
シーズン事にオシャレに着替えるらしいのですが、この時はイベント用だったらしく、アゴがすごいことになっていました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

名古屋メシを堪能する

独特な食文化を持っていると言われている名古屋。今回は名古屋メシを堪能してみました。
[赤味噌文化][名古屋コーチン=鶏肉文化]・・・。ベスト1は土手煮!赤みその風味がイヤな臭みも消して、まろやかで濃厚な味わいがとても気に入りました。
次は、今回食べそびれた、新幹線のコンコースの“きしめん”を絶対に食します!!
プリント

今回のお土産

名古屋には、抑えておきたいアイテムがぎっしり。主要な名古屋メシお土産は、名古屋駅周辺でほぼ手に入ります。
味仙の台湾ラーメン・味噌煮込みうどん・寿がきやラーメン・きしめん・手羽先・しるこサンド・なごやん・てんむす・・・etc。迷っていたらきりがない程。。。
おみやげ元
赤出し味噌
今まで食べていたものとひと味違う!お出汁が美味しい味噌でした。
みそだれ
甘い出し味噌で田楽等にそのままかけて食べれる地元では知らない人はいないだろう必須便利アイテム。
カクキューHP
ういろう
青柳ういろう。ここのCMが耳からはなれません。

味噌を知る ー 八丁味噌 ー

割烹倶楽部,

味噌表紙3-1

日本の気候風土に寄り添って『節を感じて旬のもの』『職人の技』『日本の心』を紹介していく場所「割烹倶楽部」

難しいイメージを払拭して、今の時代に合わせた作り方などを気軽に体験して頂ける場作りを目的とした「割烹倶楽部」。昨年の10月、味噌作りのワークショップを開催しました。
今年も好評につき第二回ワークショップを開くにあたり、[伝統を受け継ぐいいものを見て、知る]事が大事だ!ということになり、スタッフがお勉強しに愛知県岡崎市にある八丁味噌を作ってみえる「カクキュー」さんに味噌蔵見学してきました。

八丁味噌とは大豆のみから作られる豆味噌の一種で、八丁味噌に米味噌を加えたものが「赤出し味噌」になります。「八丁味噌」や「赤出し味噌」は東海圏でよく使われている「赤みそ」です。
この付近は昔、地元で収穫された大豆と、吉良で作られた饗庭塩(アイバジオ)、矢作川流域の良質なわき水と水運が便利であり、味噌造りに適した地域であったそうです。
八丁味噌の名前の由来は、この地域が岡崎城より西に八丁の距離(約870m)にあったため八丁村と呼ばれたことが由来だそうです。
江戸時代よりこの地で八丁味噌を造り続けている味噌蔵は2軒あり、今回見学させて頂いた「カクキュー」さんは1645年創業で宮内庁御用達であったという伝統ある味噌蔵でした。

味噌蔵が黒壁の訳

黒壁の訳見学が始まり、歩いていくと至る所に黒壁の建物をみかけます。
味噌や醤油の蔵に黒壁が多いのは、[発酵食品]を作る時どうしても麹菌の斑点が壁にしみ出してきて見苦しいからとのことです。“とても風情があって素敵”としか思っていませんでしたが、[美]に関しての心配りからだったのかと初めて知りました。

味噌蔵資料館
史料館には貴重なモノが沢山あり、案内の方が丁寧な説明をしてくれました。
昔ながらの生産工程を表現した蝋人形は、昔働いていた方をそのままモデルに制作されているそうで、リアリティ抜群でしたし、何よりも圧巻はやはり実物大桶でした。樹齢100年もの桶を使用されていて、杉の木で出来ているそうです。理由は杉の木が粗い素材で、味噌を寝かす時、程よく呼吸をしてくれるからだそうです。先人の人たちは本当にすごいですね。

恥ずかしながら、そもそもの疑問でもあった[赤みそ]と[白みそ]の違いを聞くと、生産工程で[白みそ]は大豆を煮る。[赤みそ]は大豆を蒸すという違いと、カクキューさんでは赤みそを熟成時にでる“たまり”をとらずに、味噌に全て吸収させるため、濃い色になるという事を教えて頂きました。

味噌蔵2桶に仕込まれた味噌が熟成されている蔵は、中に入っていくと味噌の匂いが漂っていて、整然と並べられた桶の空間は厳かささえ感じます。
桶は一樽で32万杯分もお味噌汁できるそうです!樽のおもしである石は3トンもあり、石を積むのにも10年修行をしてやっと、このように美しく、崩れない積み方ができるそうです。受け継がれている技に終始みとれてしまいました。

日本の調味料の知恵-本当に素晴しいです

Exif_JPEG_PICTURE無料で見学出来て、最後に八丁味噌と赤出し味噌の試飲が出来ました。飲み比べてみると違いがすごく分かりました。
その他、ちょっと気になる味噌ソフトも販売してました!

日本の調味料の知恵って本当に素晴らしいです。
今回で初めて知った事も多々あり、あらためて日本人としての誇りを大切に、知っておかなければ!と思わされる一日でした。皆さんも是非訪れてみてください。
カクキューHP

割烹倶楽部では、難しいイメージを払拭して、今の時代に合わせた作り方などを気軽に体験する事を目的としていますが、先日の割烹倶楽部で教えて下さった先生が[物を作る時に手間等を知っていて手を抜く事と知らずに手を抜く事はものすごく違う]とおっしゃっていた事が今更ながらにココロに響きました。
これからも、スタッフ自らも学びつつ皆様と共有できるような場所作りをしていきます!乞うご期待ください。

和を感じてココロに休息 − 東京の駅近古民家カフェ −

和時間,

和カフェヘッド3

今回は、一人でふらっと立ち寄れる東京の駅近古民家カフェのご紹介です。
都会の中で日々生活を送っていると、ふとココロに休息が欲しくなる時があります。そんな時、東京の真ん中に、周りとは隔たれた時間の流れが止まっているかの様な和の空間を見つけ出す事ができます。
和の[静]の空間と、美味しいもの達が私たちにつかの間の癒しをあたえてくれます。そして、そんな中にいると自分自身ちょっと立ち振る舞いが上品になったり、優しい気持ちになったりしてしまうのも、また古民家カフェの魅力の一つです。

OMOTESANDO KOFFEE

表参道カフェ集合
表参道の裏路地にふっと現れる古民家のテイクアウトカフェ。
珈琲専門店さんで、好みの濃さや甘さで作ってくれて珈琲が本当に美味しいです。
庭で、緑に囲まれながら珈琲片手にブレイクタイム。[合間の時間]に丁度いい立地と空間です。
風情がありつつも、モダンさが女子心をくすぐります。築80年の古い民家と庭が、都会にも休憩が必要なことを教えてくれます。
カプチーノ(400円)を片手に庭の木々に囲まれながら日本を感じました。

表参道がいかんOMOTESANDO KOFFEE
ーーーーーーーーーーーーーーーー
定休日 : 不定休
営業時間 : 10:00~19:00
電話 & FAX : 0354139422
住所 : 東京都渋谷区神宮前4-15-3
メトロ「表参道」駅 A2出口より徒歩5分
OMOTESANDO KOFFEE  HP

古桑庵 (こそうあん)

こそうあんカフェ集合
実家に帰ったような懐かしい気持ちにかえる事ができるカフェです。
その名の通り、桑の古材を使用した茶室です。古桑庵(こそうあん)という名前は夏目漱石の長女筆子の婿である小説家の松岡譲が付けたそうで、昭和29年にできました。カフェにある置物も日本文化を表す珍しい物ばかりだったり、ギャラリーも併設されており、和の小物販売もしているので、色々な[和]を同時に楽しめます。
「いちごミルク (500円)和菓子付き」を頼みました。懐かしい空間で、今までを振り返ったり、これからを考えたり・・・でも、かしこまらず、ふっと肩の荷がおりたような感じがしました。

こそうあん店古桑庵 (こそうあん)
ーーーーーーーーーーーーーーーー
定休日 : 毎週水曜日
営業時間 : 11:00〜18:30
電話 & FAX : 03-3718-4203
住所 : 東京都目黒区自由が丘1-24-23
東急東横線・大井町線 「自由が丘」駅 正面出口より徒歩5分
古桑庵 (こそうあん) HP

神楽坂 茶寮 (さりょう)

SABOU
歴史の街『神楽坂』の路地裏に都会の喧騒を忘れさせてくれる様なモダンなテイクアウトもできる古民家カフェです。
ボリュームたっぷりなので、男性と来ても喜ばれるカフェです。私が食べたのは「生湯葉とぷりぷり海老の京風粥」(760円)優しい味で、その他どのメニューにも和を感じます。
夜遅くまで営業しているため、暗闇の中の古民家の灯りはなんとも言えない雰囲気があり、周りを見渡すと仕事帰りの同僚、カップル、外国人さんなど様々な人たちが思い思いの時を過しています。
モダンな和のインテリアに囲まれて、自分をクールダウンさせたり、新しい発想が浮かんだり・・・。

さぼう店神楽坂 茶寮 (さりょう)
ーーーーーーーーーーーーーーーー
定休日 : 無休
営業時間 :
月~土11:30~23:00(L.O.22:00)
日・祝 11:30〜22:00(L.O.21:00)
電話 & FAX : 03-3266-0880
住所 : 東京都新宿区神楽坂5-9
JR総武線飯田橋駅西口 徒歩5分
地下鉄「飯田橋」駅B3出口 徒歩4分
地下鉄都営大江戸線「牛込神楽坂」駅A3出口 徒歩3分
地下鉄東西線「神楽坂」駅1番出口 徒歩4分
神楽坂 茶寮 (さりょう) HP

今後アトリアではコアコーディネーター小澤真貴子を中心に 「和」にまつわるたしなみを記事や、ワークショップでご紹介していきます

第二回 「身体を整えようー2・・・内臓のマッサージ」

ワタシかいたいしんしょ,

プリント

『ワタシかいたいしんしょ』ジャイロからのアプローチ

今回の「ワタシかいたいしんしょ」は身体を整えるということをテーマにお伝えします。
『ワタシかいたいしんしょ』とは、皆さんが自分自身をクリエイトしていく[ワタシクリエイトしていく]ためにとても重要な心と身体を健康に保つ為のメンテナンスイロイロご紹介していき、自分に合った「自分の現在地を知る」方法を見つけてもらうためのコンテンツです。
3回に渡って、身体を整えるということをジャイロキネシスのアプローチから考え、自宅やオフィスの椅子に座ったまま出来る簡単なエクササイズをトレーナー坂本博美からご提案していきます今回は第2回目!
椅子の上で行う運動は柔軟性に関わらず、床の上で行うエクササイズより負担がなく、効率的に行うことができますので、皆さんも気軽に行ってみてください。
その後は、3回のエクササイズをふまえ、姿勢(姿勢が良くなると、気持ちもいい、見た目も美しい)をテーマに、身体の土台作りからレクチャーしていこうと思っておりますので楽しみにしていて下さい。

身体を整えよう2・・・・内臓のマッサージ

前回、身体を伸ばすことで、上半身の長さを出し、縦に伸びる身体を取り戻すためのエクササイズをお伝えしました。
いかがですか?気持ちよく伸びられましたでしょうか。まだの人は第一回目のコチラでおさらいしてみましょう。
第2回目となる今回は、内臓を活性化させ、身体の中から整えていきましょう。
ご紹介するエクササイズは、クライアントさんからも反響があり、便通が良くなって上半身がすっきりした、背中が動くようになった等の声を頂いているオススメのエクササイズなので皆さん是非やってみて下さい。

椅子に座って内臓のマッサージなんて、面白いと思いませんか?
身体の中を整える選択肢は、食べ物やサプリメント以外にもあるのです!
ご自身でストレッチやトレーニングは行っても内臓の感覚意識(内臓が疲れている、内臓が元気だ等)を持っておられる方は少ないのではないでしょうか。
一例をあげると、胃が疲れていたり、弱っている方は、背中が硬くなり動かなくなっていることがあります。
だから、内臓も大切なのです。

エクササイズ紹介

プリント

椅子の上に座ります。椅子の上で骨盤を動かしながら骨盤で膣の辺りを中心に円を書いていきます。
うまく円は書けましたか?
バランスを整えるために必ず反対回しも行います。
滑らかに回せなくて、ガクガクして円にならない方は、
そこの感覚意識が眠ってしまっています。
ゆっくり丁寧に滑らかに動かせるように意識しながら行います。
骨盤の動きにつられ、内臓が動くのを感じられますか?
目安は右回り、左回りを3周づつ

プリント
次に上半身も動かしていきます。
今度は骨盤と肋骨で同時に円を書きます

気持ちよいと思えるところで行ってください。
まずは無理のない範囲で動かして行きます。
目安は右回り、左回りを3周づつ

プリント

最後は手を頭の上に組み、全身の動きにしていきます。
気持ちよく呼吸をしながら体を伸ばしつつ、円を書いてください。
目安は右回り、左回りを3周づつ
たったこれだけ。
そして、変化する事を楽しんでください。

次回第3回目は[ダイナミックに伸ばそう!]です。
簡単エクササイズをご提案していきますので是非試してみてください。

アトリア コアコーディネーター 坂本博美

TSUGUGOTO PROJECT VOL.1 新潟 番外編

tsugugoto,

番外編表紙

日本の伝統工芸を新しい形で継承する「tsugugoto」

藤岡染工場さんにお伺いするにあたって、その地域のイロイロなものを見て、聞いて、食べてきました。
伝統を受け継いでいる所、単体を知っていくのではなく伝統を育んできた地域にまつわるエトセトラを感じとるというのがこのプロジェクトの大きな意味の一つです。これからもご当地の良い所、良い物、良い人を感じ取り、皆さんにご紹介していこうと思っています。

風合いが懐かしいローカル線

列車
新潟駅から1時間程ローカル線と一両のワンマン電車の旅でした。ローカル線は手動開閉!ワンマン電車は押しボタン式開閉!車内の暖気や冷気が逃げないようにという事と、単線なので、列車行き違いで待つ時間が多いからというのがその理由。地方ならではの知恵ですね。車窓からは水田が美しく、窓を開けると澄んだ香り漂っていて電車の旅に癒されました。

五頭温泉郷 村杉温泉 角屋旅館

番外編旅館集合
白鳥の渡来地として全国的に有名な瓢湖(ひょうこ)の近くに位置する、五頭温泉郷 村杉温泉。ラジウムを多く含み特に婦人病に効果があることから、古くから「子宝の湯」としても有名だそうです。今回お邪魔させて頂いた角屋旅館さんでは、そんな言い伝えから[妊婦さんにやさしい宿]としてもご提供されています。

旅館社長突然の訪問にも関わらず、取材に快く応じてくださった[角屋旅館]の安永社長。安永さんは以前広告会社にお勤めされていたそうで、旅館内はアイディアの宝庫。入浴方法から、食材、遊び道具まで、随所に行き届いたサービスに脱帽です。ビジュアル面にもかなりのこだわりを感じましたが、訪れる人への気配り具合が半端なくこだわってらっしゃいます。
そこかしこに置いてある道具もハンドメイドされていて、たとえば、靴べらひとつとってみても、かがまなくても靴がはけるようにと竹林から切り出して長さを調整し自ら作ったそう。リピーターが多いというのも納得です。
遊び心を忘れず、常に消費者目線で物事を考えられているその姿勢にアトリアスタッフも学ぶ事の多い一時でした。

旅館座布団旅館内で、今回見学させて頂いた[藤岡染工場]さんの座布団を発見しました。建材屋さんのハッピの“建”の文字をトリミングしたデザイン座布団は粋でオシャレで旅館のこだわりの空間にしっくりとなじんでいました。伝統を受け継ぐもの同士の繋がりがあり、地域ぐるみで発展していくその様子に、人と人との繋がりの大切さを更に実感た今日この頃です。
角屋旅館HP

蒲原まつり

お祭り
蒲原神社とその周辺延べ1㎞にわたり400店あまりの露店が並ぶ蒲原祭りに丁度でくわしました。830年の伝統を持つその年の稲作の豊凶を占う神事「御託宣」が神楽殿で行われるそうです。神社でお参りした後、新潟名物「ポッポ焼き」を食しました。

新潟駅前 ポン酒館

ぽんしゅ
新潟といえば日本酒。日本酒と梅酒三種を500円でお猪口5杯分試飲できるポン酒館は是非寄りたいスポットです。アトリア編集部は越後湯沢駅に引き続き2回目のポン酒館。無料の各地の塩と味噌をつまみに味わいました。巷に出回らない希少価値の高いものあり、お気に入りのお酒を探し出せる絶好の場所です。是非旅行の際にたちよってみてください。

訪れた地域の特産品を食す

特産品食べ物
山・川・海・平野すべてが揃う自然豊かな風土に恵まれた新潟。お米の生産量は全国第1位で「新潟のお米は美味しい」ことは有名です。その他、たくさんの特産品がありますが、今回は取材で訪れた新潟・阿賀エリアの美味しいものをご紹介します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
上段(左)岩瀬の清水そば
水が豊かな所=そばが美味しいは鉄則。明治36年に、この清水場のすぐ前に小学校が建てられて以来、子供たちに利用され、地域の人たちや子供たちの手によって大切に守られ、市の文化財にも指定されているお水を利用しています。
上段(中央)魚沼産コシヒカリのご飯セット
新潟と言えばお米です。美味しいお米と山芋でとろろご飯を頂きました。つややかで、弾力のあるお米に感激!日本人に生まれた事に感謝です。
上段(右)ポッポ焼き
蒲原まつりの出店で頂いた、長細いパンのような菓子のポッポ焼き。この地方のお祭りではかかせない名物だそうです。焼き器の蒸気口に笛をつけポーポーと鳴る音で客寄せをした、蒸気が上がる様子が蒸気機関車に似ている等名前の由来は様々。

下段(左)越後栃尾の油揚げ
厚揚げと間違う程の大きさと厚さのジャンボ油揚げ。秘訣は[にがり]を入れるタイミングと二度揚げにあるそう。パリッとした食感と弾力があって、フキミソを付けて食べると本当に美味。
下段(中央)南魚沼の美雪マス
美雪マスとは、ニジマスとイワナの仲間のアメマスを掛け合わせたマス。名前のとおり身が美しいです。量産できないらしいので訪れたときに是非食べておきたい一品です。
下段(右)日本酒利き酒
ポン酒館に空き足らず、日本酒の利き酒をしてしまいました。それほどまでにに美味しい新潟の日本酒達。辛口さっぱり派のワタシは中央の鶴齢がオススメ。

新潟・阿賀のお土産

お土産2
(左)最上屋 三角だるま
三角達磨は起上がり小坊師の一つで、七転び八起きを願い、病気や災いなどから早く再起できるようにと願いをかけた縁起物です。かつては新潟等県内各地で作られていました。
この民芸品を模したお菓子[三角だるま最中]はとてつもなく可愛い!シソが餡の中に入った組み合わせが美味しい一品です。
(中央)てぬぐい
260年以上の歴史を誇藤岡染工場さんのてぬぐいは手作りの暖かさを感じます。藤岡染工場HP
(右)椿もち
水原(阿賀野市)で愛され続けたからこそ残った真の郷土菓子[椿もち]は上品で薄甘いさらっとしたういろうのようなお菓子です。

VOL.1 ワタシクリエイト イベントレポート

Event Info,

18日、アトリアリニューアル後の初のイベント
晴天、開場はできたばかりのkurkkuhomeのイベントスペース

参加者の皆様ははじめましての方も多いためどんな出会いがあるか
段取りはうまく進行できるのか不安もいっぱいのお出迎えでした
watashievent01
まずは コアコーディネーター小澤真貴子から開場の挨拶
watashievent02
そして、アトリア主宰のイオサワコから
「立ち上げた時は、ブランド作りのお仕事で集まった雑学や情報を
同じようにフリーで仕事をするクリエイターの皆とシェアしよう!というノリで始めた
WEBマガジンでした。しかし自分達の更新頻度に反比例し、
読者登録数が500人と増えてきたんです。
このままでは、この読者の皆さんに失礼だ!
そう思っていた時に、女性の働き方、離職率や理由、また小規模起業は女性のほうが多いという数字を
目の当たりにし、これからは「自分の生き方を自らクリエイトすることが必要な時代なんだ」なぁ
ブランド作りと同じように。。。生き方を自らクリエイトしたい女性のためになるサイトへ
へリニューアルしよう!
そうおもって、面白い仕事で活躍するワタシクリエイトしているメンバーを集め
リニューアルしサイトにとどまらないコミュニティーをアトリアとすることにしました。
watashievent03
ワタシクリエイト というイベントはその発起集会!

そしていよいよ今回のコンテンツ
「ワタシかいたいしんしょ」より
コアコーディネーターである 臨床心理士小柏絵美さんと ジャイロキネシストレーナー坂本博美さんによる
ワークショップを皆さんと一緒に体験してもらいました
watashievent04
まずは目標設定シートを書いていきます
今日、明日、来年の目標はかけても数十年先の目標はなかなか書けないもの
皆さん頭を悩ませていらっしゃる様子
そして、全部書けた方は0、でした
「皆さんほとんどの方がそうです、ですが1ヶ月に1回この目標の見直しをしてもらうことで、目標達成が確実に近づきます!」
という心強いえみさんからのお話。
アトリアも定期的に目標見直し会を開催したいと思います
watashievent05
そんな良い未来像を頭や、身体でイメージしながら
坂本博美さんへバトンタッチ

まずは、良い姿勢、悪い姿勢を解説いただきました
watashievent07
お子さんの姿勢指導をしていると
姿勢が変わると発言まで変わるんです とのこと
確かに、ポジティブなことばかり考えていたら、視線は上を見ているように思います

そして、実際に身体を動かしてみます
「気持ち良いと思うところまでぐ〜っっと伸びてみましょう」
watashievent08
皆さんしっかり伸びてちゃんと心地良さを体感してくれています
座り仕事の長い人は背中や肩がすくみがちですものね
ジャイロキネシスのストレッチを仕事の合間に取り入れてみると
思考も前向きにモチベーションにも影響するような感じです

割烹倶楽部では
ぼたもちのお話とつくりかたを
From Kichen主宰の福島利香さんを迎えておうかがいしました
ぼたもちやおはぎを作った事の有る方は一人もいらっしゃらず、
ぼたもちとおはぎは 同じものを季節によって呼び方が違うんだよというお話は
へ〜っとこれまた初めて知った様子の参加者の皆さん
watashievent10
イオサワコからは
「手間をかける楽しみや大切さは頭で理解してもらって、まずは時短レシピでも何でも良いので作ってみようと思う
その姿勢からはじめましょうか〜」と
確かに!
皆さん、本当につくってみたい!というお声がとびかっていましたよ。
watashievent11
歓談タイム
先日、アトリアメンバーで栄村に行き、山菜収穫を体験しましたが、
その栄村で出会ったともえさんの作る天然酵母をつかった玄米お米パンと
山菜ふきのとうの味噌をぬって、その上にをのせて。。。
そしてこごみをつかったピクルス
watashievent12
皆さんには栄村からの贈り物と題した軽食を食べてもらいました
後半は、席替えをし、皆さん自己紹介タイムへ
今日来たきっかけなんかをディスカッションされていた様子でした。。。

いよいよ佳恵さんの登場
赤いワンピースで華やか〜
「仕事は自分で作るもの」
「選ばれる女性から選ばれる女性へ」
たくさんの名言をいただきました
佳恵さんがこれから進めようとされているプロジェクトの紹介も
「佳恵さんのお話に勇気をもらった!」というコメントがたくさん寄せられました。
watashievent14
質問タイムには積極的にご自身の仕事、生き方の相談が飛びます
参加者の皆さんの意識の高さも感じましたね

最後に、主宰者イオサワコよりメンバーの紹介、またアトリアのコミュニティー運営に携わってくださる方を随時募集していること
「これから皆さんも一緒にワタシクリエイトしていきましょう!」と
watashievent13
最後はやっぱり話がつきず、名残おしそうに、名刺交換や交流をしていました
WEBにとどまらないコミュニティー
皆さんも是非一緒に活動していきましょう!

具体的に身体や心の相談を ひろみさんやえみさんからうかがっていた参加者の皆さんもたくさんいらっしゃいましたよ
今回ご紹介した「ワタシかいたいしんしょ」「割烹倶楽部」はワークショップとしても開催していきます!
watashievent16

atlya-event
最後に全員で!
今回参加できなかった方も
またワークショップへご興味ある方も
コンテンツを一緒に作ってみたい方も
ぜひ
メンバー登録から登録してみてくださいね!
メンバー登録はこちら

第一回 「身体を整えようー1・・・まず伸びてみよう」

ワタシかいたいしんしょ,

プリント

『ワタシかいたいしんしょ』ジャイロからのアプローチ

今回の「ワタシかいたいしんしょ」は身体を整えるということをテーマにお伝えします。
『ワタシかいたいしんしょ』とは、皆さんが自分自身をクリエイトしていく[ワタシクリエイトしていく]ためにとても重要な心と身体を健康に保つ為のメンテナンスイロイロご紹介していき、自分に合った「自分の現在地を知る」方法を見つけてもらうためのコンテンツです。今回から3回に渡って、身体を整えるということをジャイロキネシスのアプローチから考え、自宅やオフィスの椅子に座ったまま出来る簡単なエクササイズをトレーナー坂本博美からご提案していこうと思います。
椅子の上で行う運動は柔軟性に関わらず、床の上で行うエクササイズより負担がなく、効率的に行うことができますので、皆さんも気軽に行ってみてください。
その後は、3回のエクササイズをふまえ、姿勢(姿勢が良くなると、気持ちもいい、見た目も美しい)をテーマに、身体の土台作りからレクチャーしていこうと思っておりますので楽しみにしていて下さい。

身体を整えよう1・・・・まず伸びてみよう

東京タワー、スカイツリーはなぜあんなに高くまっすぐに立っているのでしょうか。それは、土台がしっかりしているからなのです。身体もそうなのです。土台をしっかり整えて、伸びる身体にする事が大事なのです。

伸びることがいかに大事かといいますと、

まず、鏡に映るご自分の姿勢が気になったことはありますか?
猫背、反り腰、お腹ポッコリ、内臓の下垂・・・・

筋力が低下していくと、重力に身体が負けてしまい、こういった現象をひきおこしてしまいます。このような現象になってしまっても、人間の身体は身体を支えるために、必要以上に色々な筋肉が頑張ってくれてしまうのです。それによって引き起こされるのが、肩こりや腰痛。身体の歪みといった症状です。

プリント

縮んだ身体を伸ばしてあげると。。。。
内臓が縦長に収まってくれます。
自然なウエストが蘇ってきます。
そして背骨が伸びて、身体が楽に美しく立てます。

エクササイズ紹介

hiromipose
①椅子の上に浅く座ります。
(足が地面に着くように座るのが理想)

②片手づつ天井に伸ばしながら、伸びをします。
(自分が動物だとして、冬眠の深い眠りから目覚めたとしたら、きっと身体を伸ばしたくて伸びをしますよね。
目覚めて、気持ち良い光を浴びながら、伸びて行くイメージでやって見てください。)

たったこれだけ。
伸びるっていう単純な動作なのに、自分の日常にあまり取り入れられていない動きなんです。日々の生活に、意識的に沢山取り入れてください。

そして、変化する事を楽しんでください。

次回第二回目は[椅子の上で内臓のマッサージをしよう!]です。お腹の中が硬い人は、身体の柔軟性も少ないのでは?
内臓をほぐすなんんて、どうやってやるの?といった疑問にお答えすべく、簡単エクササイズをご提案していきます。

アトリア コアコーディネーター 坂本博美

ワタシかいたいしんしょ vol.1 漢方カウンセリング体験

ワタシかいたいしんしょ,

Exif_JPEG_PICTURE

漢方のカウンセリング体験レポート

今回の「ワタシかいたいしんしょ」は漢方のカウンセリング体験レポートをお伝えします。
今回ワタシのカウンセリングをして頂いたのは漢方カウンセラーである末次真緒先生。
漢方初心者のワタシは、漢方といえば「薬よりは体に優しく、風邪等の病気の初期症状の時に飲むもの」というイメージを
漠然と持っていたのですが、カウンセリングを体験して本当に根本からその概念が覆されました。

漢方を使ったお茶をいただきながらカウンセリング

まず、診断を行って頂きます。体の不調から自分の性格まで詳しくやさしく問診形式でカウンセリングをして頂きました。
その際に頂いたお茶は先生ブレンドの漢方茶。。。
ほっこりリラックスしながらのお話タイムについついしゃべりすぎてしまいました。
ちなみにこの漢方を使ったお茶に使われたイロイロな具はお茶として飲み終わった後、お菓子や食事の具としても
利用できるらしく、ゴミを出さず全て使えるというそのサイクルにリスペクトしました。

基本は「氣・血・水」のバランス

漢方ふくろカウンセリングが終わったら、[漢方とは・・・]という事を詳しく教えてもらいました。
漢方医学での生命活動の基本は「氣・血・水」だそうで、これらのバランスを整えるようにと
ワタシのカウンセリング結果においてどこが今不足しているのかを教えてもらいました。
(ちなみにワタシは多くの女性が不足しているといわれる血にあたりました。)

漢方は苦くない!?

Exif_JPEG_PICTUREそして診断結果にマッチした漢方薬を紹介して頂きました。
そしてお湯にといてお茶として飲ませてもらい
・・・もっと苦いのかなと思っていましたが、思いのほか飲みやすい!
しかも紅茶など他のお茶と混ぜて飲んだりしてもいいそうで、これなら全然美味しく頂けます。。。
さっそく私も末次さんに見立ててもらった漢方を購入しました!(続くかな・・・)

レポート感想
終わって感じた事は、「女性として自分の身体の事をもっと大事にしなくては」
再確認した事、そして、その一手段としての漢方というものをもっと多くの女性に知って欲しいと思いました。
アトリアでは、今日ワタシが体験したカウンセリングをもう少し気軽に体験して頂くため、
今後漢方ワークショップも計画中なので乞うご期待下さい。

 

今回のコーディネーターのPROFILE 末次 真緒さん (すえつぐ まほ)
漢方薬・生薬認定薬剤師
漢方ライフデザイナー
薬科大学卒業後、病院薬剤部に勤務。
漢方薬局勤務を経て、
現在は漢方カウンセリングの仕事を中心に活動中。
仕事を通じて、漢方の考え方を実践した人が元氣になっていく姿に感動し
漢方を取り入れたライフスタイルをもっとたくさんの人に伝えていこうと決意。
漢方に出会ったことで何かが変わり始める楽しさをみなさんに感じてほしいな、と
漢方茶ワークショップを開催しております。アトリアでも漢方ワークショップを開催予定!

「ワタシかいたいしんしょ」ワークショップ 漢方&ジャイロキネシス(R)

ワタシかいたいしんしょ,

プリント

自分の生き方を自らクリエイトすること=ワタシクリエイト
自分の現在地を知るためのコンテンツ「ワタシかいたいしんしょ」

今回の「ワタシかいたいしんしょ」は漢方とジャイロキネシス(R)ワークショップを開催します!
漢方という概念のもと「今の自分の身体のバランス」を見つめ、ジャイロキネシス(R)メソッドにより「自分のカラダやココロの心地よい状態、悪い状態」の両方の感覚を見つめていきますワークショップ以降も体感した感覚を思い出していただき時には自分を見つめ、自分を知るための一つの手段として漢方やジャイロキネシス(R)を取り入れてみてはいかがでしょうか?

ワークショップ内容

まず、自分の身体のバランスに合った漢方食材を使ったお茶をつくり試飲していただきます。
(1回分のお土産付きです)
その後、漢方のアプローチと連動したジャイロキネシス(R)トレーニングを少人数で、一人一人に触れながらご指導いただきます。

今回のコーディネーター
suetugu
末次 真緒 maho suetsugu

漢方薬・生薬認定薬剤師 漢方ライフデザイナー

薬科大学卒業後、病院薬剤部に勤務。
漢方薬局勤務を経て、現在は漢方カウンセリングの
仕事を中心に活動中。

仕事を通じて、漢方の考え方を実践した人が元氣になっていく姿に感動し
漢方を取り入れたライフスタイルをもっとたくさんの人に伝えていこうと決意。
漢方に出会ったことで何かが変わり始める楽しさをみなさんに感じてほしいな、
と漢方茶ワークショップを開催しております。

hiromi

アトリア コアコーディネーター 坂本博美

大学在学中にストリートダンスに出会い、その後ジャズ、モダン、からコンテンポラリーへ。
独自の世界観を今なお構築中。舞台を中心にライブ、メディアなど、国内外で活動。
子供の姿勢改善につながる成長のサポートにも携わり、小学校にも講師として参加。小学館「総合教育技術」掲載

日時:6月23日 (日) 16時OPEN 16時15分スタート 18時15分終了 
場 所:奥沢(申込いただいた方に場所の詳細をおおくり致します)
料 金:アトリアメンバー4,800円 /一 般:5,500円 事前お振込みとなります
   ※1回分の自分に合った漢方を使ったお茶のお土産付き
メンバー登録はこちらから: http://atlya.jp/会員登録/

特に持ち物はありませんが、寝転んだり、身体を動かすので、動きやすい格好でおこしください
申し込み方法:http://atlya.jp/sample-page/もしくはinfo@atlya.jpより 6月30日申し込み、お名前、お電話番号、参加人数を明記の上お申し込みください

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
決して何か足りない点を補ったり、HOW TOを教える場所ではなく自ら自分の良さや強みを見いだし、つかみとってもらう場所!がアトリア
今回は漢方とジャイロキネシス(R)のアプローチにより自分の現在地を見つめてもらえれば幸です

ワタシクリエイト Atlya定例会議 vol.1

Event Info,

event1-01

自分の生き方を自らクリエイトしている先輩



event1-1今回のゲストは、ファッションディレクターとして数々のブームを作り、現在はrinatoという場作りやお料理教室まで手がけるプロデューサーに!「自ブラ塾」と題して「自分らしいきれい」を女性達にカウンセリングし輝きたい女性の支援をされています。また女性としてママとしても煌めき続けている渡辺佳恵さん!佳恵さんのこれまでの活躍の裏にどんなエピソードが!?
渡辺佳恵さんPROFILE
1969 年1 月19 日生まれの44 歳。
ファッションディレクターとして「エビちゃんもえちゃん」「めちゃモテ」などCanCam ブームを巻き起こす。
「Anecan」の前身となった「お姉さん系CanCam」を立ち上げたのち、独立。
商業施設や商品、書籍、TV番組、イベントなど女性をターゲットとした様々なコンテンツのプランニング・プロデュースを手掛ける。
またコメンテーターとしてTV 番組出演や講演会出演、コラム執筆など多方面で活躍中。
プライベートでは13 歳の女の子のママでもある。

自分の現在地を知るコンテンツ「ワタシかいたいしんしょ」

event1-2「自分をよく知っている」という事・・・価値観の整理できているからこそ、夢や目標が明確になり、自分を大切に考えられるからこそ、相手も大切にできる!
Atlyaは、様々なアプローチで自分を知るためのコンテンツをご用意していきます。今回は、臨床心理士での心への問いかけと、ジャイロキネシスでの体の問いかけを皆さんと一緒に体感していきます。

坂本博美さんプロフィール
大学在学中にストリートダンスに出会い、その後ジャズ、モダン、からコンテンポラリーへ。
舞台を中心にライブ、メディアなど、国内外で活動。
子供の姿勢改善につながる成長のサポートにも携わり、小学校にも講師として参加。

小柏絵美さんプロフィール
(資)臨床アカデミー・心理保健室に所属。自社の相談室で心理相談業務を担当。自己の再発見、適性判断、就職転職などのキャリアアップ支援、結婚や出産などのライフイベント支援等をしている。一方、17歳からモデルを始め、国内外の作品に多数参加。


「日本の気候風土に寄り添って『節を感じて旬のもの』『職人の技』『日本の心』を紹介していく場所「割烹倶楽部」

event1-4「日本の気候風土に寄り添って『節を感じて旬のもの』『職人の技』『日本の心』を紹介していく場所「割烹倶楽部」。
難しいイメージを払拭して、今の時代に合わせた作り方などを気軽に体験してもらえます。
今回はFROMKICHENさんによる春の「ぼたもち」をご紹介します。

アトリア コアコーディネーターによるナビゲート!

event1-5今回 「いただきますで繋がる」 というコンテンツより山菜レポートexeとして「栄村からの贈り物」と題してフードプロデュースを 蓮池陽子さんにお願いしました!

蓮池陽子プロフィール
ネイチャースクールで自然について学び、料理の世界でアウトドア料理家として活動中。自然の植物をとってその場で調理するワークショップや、キャンプ料理レシピ紹介等、ユニークな活動を展開中。

また進行役のナビゲーターには 女優 小澤真貴子さんが!
小澤真貴子プロフィール
芸術学部にて、舞台の裏方の仕事を学ぶ中で演技に目覚め女優の道へ。主に映画、舞台、CM等で活躍中。芸の道への精進するため日夜、日舞、着付け、アロマ等、お稽古ごとに励む中、WEBマガジンなどでの文章での表現も開始。
お二人は アトリアの運営のコアメンバー=コアコーディネーターとして活動してくれています!